FC2ブログ
2014. 08. 09  
corecre_140808_201409291449359f6.jpg

うつくしい日本語、うつくしい人としての佇まい

戦後に途絶えてしまっていた、形にならない人としての在り方が、この本には残されています。

戦前に編纂され、一度絶版となっていた『新釈古事記伝』。

この本に2011年に出会い、本当に良書だなと思っていましたところ、嬉しいことに最近、致知出版社から再販されました。

ご縁あって雑誌『致知』にてこの本をめぐる対談をさせていただきましたが、記事が掲載された7月に入ってから、急速な勢いで注文が増え、3000セットがたちまち完売したのだそうです。

そして、お求めになれなかった方から多数のご要望があったそうで、また、編者である栗山要先生より、「広く日本国民に流布したい」という願いを受けて、増刷されることになったそうです。

嬉しいことです。

ぜひ手に取っていただき、この国に脈々と受け継がれてきた人としての佇まいの美しさを、感じ取っていただければと思います。

読むだけで心が洗われる。
読むだけで、美しい空気に触れられる。

そんな本だと思います。

http://www.chichi.co.jp/special/yamatonokokoro/
こちらのページに、詳しく掲載されています。

また、2012年から継続して開催しています
「日本の精神文化を知ってコアから生きるセミナー」を
明日10:00~13:00神保町にて開催します。
https://www.facebook.com/events/259268334268723/

『新釈古事記伝』の『受け日』の巻も引用し、日本人と太陽との関係についてもご紹介させていただきます。

戦後、私たちの文化は、自国や自分の民族を肯定することをしなくなりました。逆に否定するということが一般的な風潮となり、そのために、国全体を挙げて、自己肯定感が低い、という現象が起こっています。

自己肯定感が低いというのは、自分の未来に対して、「できる」と信じる範囲が狭かったり、今現在置かれている状況で自分に力が不足していると思ったり、自信がないという傾向にあるということです。

日本人が等身大に自分の文化や民族や国を受け止めることができたとき、自然と自信が高まり、国際的な面でも、世界に対して発言ができるようになったり、自然と力を発揮できるようになると思います。

長々と書きましたが、自信を持ちたい方
外国の方に自国の文化を紹介したい方

などにもご紹介したいと思っています。

明日の次は、10月19日(日)に開催の予定です。
  
  
  
  
スポンサーサイト



NEXT Entry
一人一人の中に浸透しているモラルの高さ、相手を思いやる心などについての原点
NEW Topics
【心のタフさ レジリエンスを高める】「具体例から学ぶ」
心を洗う
弱さを見せ合える社会へ
夢殿大學にて「リーダーのための言霊塾」
一元論を体現している宿
最新のセミナー情報
感じたことを考える
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ