FC2ブログ
2014. 07. 19  
【フィリピン滞在レポート#3】

大型の台風がこの地域に訪れ、水曜日は授業2日目にして終日
授業が休講となりました。

9月までがこの地域の雨季ですが、続々と台風が訪れます。

台風が来ると、当たり前のように停電します。すると、Wi-Fiも
止まるため、インターネットができなくなります。

授業中の停電もなかなかのものです。

一対一のクラスのときには、ランタンのような懐中電灯を
スタッフの人が各部屋に配ってくれて、薄暗い明かりの中を
勉強しました。

木曜日も、金曜日も停電しました。

その都度、外に出て学んだりしています。

窓に近い部屋では、読めない文字を必死で
追いながら、英文を声に出していました。

蛍雪の功になるといいなと思います。。

夜は宿泊している寮で「あっ!!」と声が各方面から上がり、
真っ暗闇になりました。

可笑しかったのは、停電で休日になった午後、学校がから近く
のショッピングモール行きのバスを出してくれたので行きましたら

ショッピングモールの比較的大きなゲームセンターでも、瞬間
停電が起きたのです。

ちょうど前を通りかかった時、停電が起きたのですが、
その場で遊んでいた子供たちやティーンエイジャーたちも
「あっ!!!」
と叫び声をあげていました。

その3秒か5秒後に電気は(ここは自家発電があるため)復旧していま
したが、それまでやっていたゲームはすべて消去されてしまって
います。

日常茶飯事なのか、誰一人そのことに対して怒ってクレームを言う
人もなく、気を取り直してまた遊び始めていました。

なんともおおらかでいいですね。

私の子供の頃は、停電は時々あって、それがまた楽しかった思い出
になっています。

ハプニングがあって当たり前くらいの遊びがあると、
ゆとりが生まれますね。

そんなわけで、暗がりでも勉強している私たちでした。

写真は、寮から外の眺めです。敷地の外はまた違う空間です。

corecre_140719_3_201409291516270ed.jpg

corecre_140719_4_20140929151629d92.jpg
  
  
  
  
スポンサーサイト



NEXT Entry
日本の精神文化を知ってコアから生きるセミナー
NEW Topics
NLP勉強会「”コロナウィルスが怖い”と言っている人にどのように質問することができるか?」
ストレス・マネジメント@松山
クリエイティブ。そして実践的。
最新のセミナー情報
「リーダーのための言霊塾 入門編」の感想
「心の平和の大切さ~良かったと思えることを自分で作り出す」
水上バスに乗って
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ