FC2ブログ
2014. 07. 17  
先週金曜日から滞在しているフィリピンのAngelsという町は、「アンヘレス」と呼びます。
おそらくスペイン統治時代の名残なのではないかと思います。

この周辺一帯には、一定の間隔ごとにきれいな教会が建っています。
たとえそれがバラックの立ち並ぶ一帯だとしても、教会だけは新しくて綺麗です。

フィリピンはカソリックの方が多いです。日曜日の朝には必ず教会に
行くそうです。

初日に空港まで迎えに来てくれた学校の運転手さんと話しながら来たのですが
私がブッディストだというと、「毎週教会に行くの?」と聞かれ
「行かない」と言ったら、笑われてしまいました。
それだけ敬虔な信者の方が多いようです。

フィリピンの公用語はタガログ語ですが、都市部の人を中心に英語が話せます。
この国は日本と同じ島国ですが、最も大きいと思われる違いの一つに、たくさんの民族がそれぞれに異なる言語を話しているという点があります。

公用語としてタガログ語があり、それを補完するように英語も
あるようです(アメリカの統治時代の影響もあるのでしょうね)

こちらの人同士の会話は、現地語と英語が入り混じっています。
映画を見ていると、ひとりはタガログ語ほかの現地語で話し、もう一人は英語で
答える、とか、一部の単語が英語になっていたりしています。

日本では考えられないちゃんぽん言語&会話ですが、こちらでは普通のようです。

看板は基本的にすべて英語です。私としては、タガログ語の文字も見てみたいです。

アンヘレスのあたりの一帯の地名は「パンパンガ」と言って、この地域の言葉は
「パンパンガ」なのだそうです。

パンパンガの文字も見てみたいものです。そのうち学校で働いている方に教えて
もらおうと思います。

興味があるのは、植民地になって欧米化される前の旧来の文化です。
どんな風習があり、どんな神話があったのか。

少しずつ、知っていきたいと思います。

corecre_140717_1_2014092915202105e.jpg

corecre_140717_2_20140929152023b34.jpg

corecre_140717_3_201409291520241ea.jpg
  
  
  
  
スポンサーサイト



NEXT Entry
これからの指針を自然を通じて、改めて受け取る事ができました。
NEW Topics
NLP勉強会「”コロナウィルスが怖い”と言っている人にどのように質問することができるか?」
ストレス・マネジメント@松山
クリエイティブ。そして実践的。
最新のセミナー情報
「リーダーのための言霊塾 入門編」の感想
「心の平和の大切さ~良かったと思えることを自分で作り出す」
水上バスに乗って
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ