FC2ブログ
2006. 03. 02  

 ある会社社長さんとのコーチングの話です。

 彼は引越しが大好きなのです。

 頻繁に引越しをされています。そのことで得られているものは何かと伺うと、次のような答えが返ってきました。

 慣れてくると、ドアの位置、台所、光の差し込む窓の位置、トイレの位置などが無意識に分かってしまう。その「慣れ」が好きではないのだそうです。逆に、新しい環境、初めて出会うタイプの人に接すると、脳が刺激を受けて活性化され、新たなアイデアが沸いてくるというのです。


 TPI-JAPANのIIE研修ファシリテーターをしているのですが、この研修では、慣れた環境を「快適ゾーン」と呼びます。

 人の脳は基本的に変化を嫌うので、自分の慣れたところにいたがる傾向があります。また、自分と異なるタイプの人が来ると、無意識的に警戒をします。知った人、似ている人、慣れた環境のほうが、安心しますよね。

 しかし、世の中や人の気持ちは絶えず変化しているものです。快適だからといって慣れた環境にずっといるままでは、実は変化しないばかりか、世の中の変化についていけなくなってしまう恐れもあるのです。

 
 冒頭に紹介した社長さんは、住むところを変えることを「脱皮」とおっしゃいました。

 快適なところから絶えず脱皮して、新しい環境に身を置く。

 それは、自分に無意識のうちに設けてしまう「枠」(今の自分ならこのくらいのことができるかな?今の自分にふさわしいのはこのくらいのものかな?という思い込み)を打ち破りつづけるということなのでしょう。

 傍目から見て、この変化のスピードが速かったり、枠自体が大きかったり、驚くほど遠くまで快適ゾーンを破ったり、誰もまだしたことのないことをやっていく人・・・そういう人たちが世に言うパイオニアであったり、歴史を新たに塗り替えていく人たちといえるのではないでしょうか。

 
 そして、その力は誰の中にもあるのです。


 ほんのちょっと勇気を出して、自分の快適ゾーンから出てみる。
 はじめはどきどきするかもしれません。こわくてすぐに元に戻ってしまうかもしれません。

 それでも、一歩踏み出したことは事実です。

 こうして、少しずつ、自分の枠を広げてみませんか?

 きっと素敵な出会いがあります。新たな自分、新たな人、新たな環境、出来事との。

 
 こんなときに背中を押してくれるのがコーチであったり、TPIのIIE研修であると思います。

 気になる方は、サンプルセッションをお申し込みくださいね。


 あなたが今破ってみたい自分の「枠」は、何ですか?
 あなたは今、何から「脱皮」したいですか?

 
スポンサーサイト



NEXT Entry
名古屋NLP教育センター
NEW Topics
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
なぜ外国に住む外国人が日本語を学ぶのか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ