FC2ブログ
2006. 02. 16  
 唐突ですが、ご近所づきあいってどのくらいありますか?

 一人暮らし、あるいは家族と生活時間が異なる方、家に帰って話し相手がいたらな、と思う時ありませんか?

 ちいさなまとまりの「家族」だけでなく、風通しのいい環境ってないものかなあ、と思う時ありませんか?

 子育て中の方、子どもをちょっと見ていてもらえる環境があったらいいなと思いませんか?

 
 NPO法人コレクティブハウジング社を数ヶ月前にネット上で見つけました。コレクティブハウスという住まい方があります。一つ屋根の下に、プライベート空間と共有スペースのある住宅。私これから、こういう住まい方って増えていくのではないかと思っているのです。

 そして私もこういう家に住みたいです。

 わたしの仲間にも、こうした住まいに暮らすことをイメージしている人がいます。

 そろそろ、人と人との繋がりがまた戻ってくる、あるいは意識して繋がりを戻していく時期なのではないかなと思っています。

 「家族」という血のつながりを超えて、コミュニティをつくって、共に暮らす。「親子」という世代だけではなくて、さまざまな年代が共に暮らして、さまざまな価値観や視点を持ち合わせながら、交流しあう。

 意外性があると思います。刺激を与え合えると思います。助け合う場もあるでしょうし、小さな子どもを、その子の親だけでなく、共に暮らす集団で育てることにもなるでしょう。

 それって自然なことなのではないでしょうか。

 隙間にさまざまな産業ができあがり、お掃除業者やベビーシッターがいたり、宅急便を預かる宅配ボックスがある。本来システムや業者に頼らなくてもいいところもあるのではないでしょうか。

 ひととひととの緩やかな繋がり。ゆるーく広がるために、こんな住まい方、私は好きだなあ。

  
スポンサーサイト



NEXT Entry
コーチング・コミュニケーション講座 修了
NEW Topics
「心の平和の大切さ~自己肯定感を上げる方法 2」
古事記読書会「あめつちのはじめの会」
胸いっぱい
吾唯(われただ)足るを知る
あるインタビューにて
自分のルーツを肯定する。内なる分断を癒し、自分の力にする
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜 」の感想
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ