FC2ブログ
2013. 05. 08  
テトラゼミ「イルカはなぜ英語を覚えないのか?イルカの意識と人間の意識」


今夜のテトラゼミ
大脳生理学者第一人者ジョンCリリー博士の
イルカの研究から始まりました。

海洋哺乳類は深い変性意識状態にある
(メディテーションをしている)のではないかという説、
リリー博士の元で文化人類学者グレゴリー・ベイトソンも
研究していたというつながり、
高次の自己の存在、インターネット普及の20年前から
「脳は巨大なネットワークの一部だ」と仮定しているなど、
例月にも劣らず本当に興味深い内容でした。

いずれにせよ、何かを極めた学者さんたちは、
科学の証明できない領域の何かに気づき、
その方なりの仮説やスピリチュアルとでもいうべき体験を
持っているのだなと改めて思いました。

次回は5月13日、テーマは「象徴哲学とフリーメイソン」です。
  
  
  
  
スポンサーサイト



NEXT Entry
人生の質を高め、心豊かに成長するために有効なものを取り入れたコース。コンシャス・リリース・メソッド。
NEW Topics
「リーダーのための言霊塾 中伝」の感想
誘導瞑想会、終了しました。
「心のタフさ・レジリエンスの高め方『人間の周波数とは、その1』」
5月末日まで
自然が教えてくれること
つながる・学ぶ・継続する
2ヶ月ぶりの電車
Entry TAG
テトラゼミ   谷崎テトラ イルカ 気づき   学び  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ