fc2ブログ
2013. 01. 08  
ロハス雑誌「ナチュール」に対談記事が掲載されました。

テーマは「西洋の知性から東洋の感性へ」。

対談させていただいたお相手の方は

日本における自己啓発研修の草分け的存在で、政財界、スポーツ界に多くの受講者を持っておられる
行徳哲男先生です。

行徳先生は、40年以上も前から、社会において感性、感受性こそが
人としての成長、社会の発展に重要であるという観点から、

ビジネスエリート、経営者、政治家、プロスポーツ選手等に感性の復権を願う
教育をしてこられました。

長らくこうした立場で社会をよりよくしていくための活動をされてこられた行徳先生に
お目にかかり、心から嬉しさを感じました。

硬派な志ある雑誌です。

雑誌ナチュール詳細はアーストリビューン社サイトに掲載されています。


ナチュール


スポンサーサイト



NEXT Entry
『これから始まる新しい変化や可能性を先取りした感じがします』ドラムサークル新年会。
NEW Topics
「想像を超えたメッセージ」タイムライン・セラピー
参加者のご感想「2/18(日)タイムライン・セラピー」をご紹介します
祝10周年
愛からの厳しさと、単なる厳しさの違いとは?
遊学のすすめ
【満席となりました】インスピレーションと勇気を活かせる一年
言霊塾ワークショップ・リーダー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ