FC2ブログ
2012. 01. 25  
 相手の方に元気になってもらいたい、自信を持ってもらいたい、自分の中の力を信じてもらいたい。成長を促したい。

 そんなときは、どうしていますか?

 私はこのことについて、小学校の頃から悩んでいました。落ち込んでいる友達、泣いている友達に、なんと言って励ましたら、元気になってもらえるんだろう?「泣かないで」といっても、友達は泣き止みませんでした。「元気出して」「大丈夫だよ」といっても。

 こういうとき、どうしたら良いんだろう?この長年の問いに、もっとも有効な答えをくれたのが「ミルトン・モデル」でした。

 自然な会話の流れの中で、相手の方の中に、自分の力を信じるプロセスが起こり、自信を回復してもらえる。そして、自然に楽になってもらえる。「肩の力を抜いてね」といっても、逆に力が抜けないのには、訳があり、「緊張しないでね」「失敗しないでね」にも、脳の仕組み上から、うまく行かないのにわけがあります。

 そして「ミルトン・モデル」には、人間を肯定し、深く信頼するあり方が伴う。。病を抱え、それを活用し、自ら克服したミルトンエリクソンだからこそ編み出すことが出来たこうした人への即効性のある変化の促し方。

 この短期間で問題を解決へと導くアプローチを、問題解決のみならず、強みを活かした目標達成や自分らしさを生かした自己実現にも活用していくことができるのです。

 わたしはこの「ミルトン・モデル」が、人に関わるあり方も含めて大好きなんです。

 言葉が的確かどうかではない、ということは、つくづくこのモデルを学べば学ぶほど実感します。

 そして、その方への接し方とに伴って、言葉の使い方がわかっていると、本当に、効果的に相手の方に変化を促すことができるのです。

 ミルトンモデル好きが高じて、セミナーになりました。

 この週末、28日、29日に開催します。


 全くの初心者の方でも大丈夫です。

 よかったらどうぞお越しください。

 詳細、お申込みはこちらのサイトにあります。


くるみ カモメPhoto:Akiko Ohe
スポンサーサイト



NEXT Entry
NLP個人セッションの感想です。
NEW Topics
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
なぜ外国に住む外国人が日本語を学ぶのか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ