FC2ブログ
2012. 01. 23  
 
 「日本を感じる会」という会で、自分たちの足下である日本を”感じた”ことについて(知っていることではなく)対話を毎月一回、2年間続けてきました。

 今年は、「朗読のための古訓古事記」を声に出して読んでいきます。

 解釈(思考)ではなく、ただただ声を出して身体を使って感じることをし行きます。


 既に冒頭文は何度か繰り返し声に出していますが、思考が停止して、とても心地が良いです。
 
 大小田さくら子先生によると、「あめつちのはじめのとき」と、古事記冒頭文を言葉に出した瞬間に、全てが新しくなるのだそうです。

 わたしも思うのですが、書かれている内容そのものを理解するのはきっとわずか数%のことで、本当に大事なことは、声に出してその音を響かせることです。

 実際にやってみてそれを繰り返していくことで、はっと気づくもの。

 言葉にして説明できない何らかの、そしてたくさんの、立体的な気付き。

 それこそが古(いにしえ)の人々の眼目、伝えたかったことなんではないでしょうか。


 
 古事記全文の書き下し文という書物が実はありそうでなかったのだそうですが、昨年、富山県の高校の岸本先生という方が数年の時間をかけてまとめてくださいました。

 それが写真の本です。

 アマゾンでも買えます。

 古事記
スポンサーサイト



NEXT Entry
あなたがなれたかもしれない人になるのに、遅すぎることはない。
NEW Topics
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
なぜ外国に住む外国人が日本語を学ぶのか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ