FC2ブログ
2011. 08. 22  
先日、救急病院の医師をされている方とお話をしていたときに教えてくださったこと。

「常に突然の死に向き合うことをしていると、人はまさかこのタイミングで死ぬとは思ってもいないのだと気づかされる。

ちょっと前の時代には、死はもっと身近なもので、人はだいたい家で死んでいたが、現代は9割以上が病院で亡くなる。

そうなることによって、死が日常から離れてしまった。そして、常に生と背中合わせに死があるということを感じられなくなってきたのではないか。

こうした、常に死は起こりうるものだという認識があるかないかで、人生の充実度は異なってくるように思う。

その観点に立つと、限りある命をどのように生きるか?を真剣に考えるようになる。

今、死生観についての教育が必要なのではないかと、私の立場だからこそそう思う。」

ああ、ほんとうに。藤原新也さんの『メメント・モリ』(死を思え)ではありませんが、死を前提にして、生はあるのだなあ。。と、その方の実感のこもった語りを伺いながら、感じたのでした。



 他界より眺めてあらば静かなる的となるべきゆふぐれの水 葛原妙子

 沖縄3Photo:Akiko Ohe
スポンサーサイト
NEXT Entry
人が生きるのに必要なものとは
NEW Topics
あなたは地球何個分の暮らしをしていますか?
案山子(かかし)も神様、小人は国造りのパートナー
2100年の天気予報
樹齢2千年以上
甥の本棚
塩田千春展
「感情との付き合い方③」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ