FC2ブログ
2011. 03. 16  
知人から届いたものです。参考になると思いますので、掲載させていただきます。



以下、平和・環境活動家の きくちゆみさん から、回ってきた情報です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


知り合いの臨床心理士からとても有益な情報をいただいたので、シェアします。


【災害時のメンタルケア】

◆1.今こそ自分自身のメンタルケアを。

今はまだ地震直後であり、だれでもアドレナリンが噴出している時です。こういう時は何かをしたくてたまらなくなりますが、まずはその自分自身の感覚に意識を向けてみましょう。細々意識してみることをトラッキングといいます。自分自身に対するサポートを最初にしてください。

私たちが落ち着いているか、不安エネルギーをまき散らしているかによって、様々なことが違ってきます。


◆2. テレビの視聴には気をつけてください。*特にお子様、感受性の強い老若男女の方々。

身体がだるくなったり、ボーッとしたり、涙が出てきたり、妙な罪悪感が湧いてきたり、不安状態にある自分に気づいたら、即刻テレビを消すか、必要なニュース速報のみが流れてくる全く違う番組にしてください。

テレビで繰り返し繰り返し流される悲惨な映像は、非常に強い吸引力を持ちます(とかく最近のメディアは人々の不安をあおるのが特徴です)。

人によっては催眠にかけられたようにテレビの前から動けなくなる人もいるでしょう。こうした映像に何度も何度も自分をさらすことは、何の役にも立ちません。

***私たちが生きていく為に必要な情報が得られれば、それだけでいいのです!***

トラウマの渦の引っ張り込む力はとてもとても強力です。
サンフランシスコ大地震の時は、繰り返されるメディア報道が人々にもたらすネガティブなインパクトは甚大だったといいます。


◆3. 今一番に必要なのは、身の安全を確保することです。

避難場所、食べ物、人々が安全かどうかをチェックすることが優先です。


◆4. そして非常時に最も大切なのは、人とのコミュニケーションです。
人を求めるのは、とてもとても自然なことです。

その時の自分の思いを言葉にして、所属するコミュニティでシェアしたり、身近な人に伝えてみてください。もちろん、手段はメールでも構いません。「メールに書きながら落ち着いてきました。大丈夫です」とおっしゃる方、多いです。


ーーーー以上、共感した方は、おともだちに共有してくださいませ。

転送ここまでです。


ご参考までに。




今、人々の意識、価値観が転換し始めていて、そして感謝や愛でつながり始めて
いるように思います。


この地球の変化のエネルギーと協働して、私たちも意識がシフト、
覚醒しているのだということ、そして恐怖や心配ではなく、意図的な夢を描き続
け、感謝と愛とともに、ただ自分の中心にい続けることこそが、わたしたちに最
も必要なことであるように思います。



深く、自分自身のマインドにつながり、静かにしていると、その祈りのエ
ネルギーとつながれる、とどなたかが書いておられました。そして、私もそうだ
と思います。



今、知人友人たちの間で、同じ時刻にそれぞれのいる場所から、ともに祈る動き
が始まっています。



被災地に、復興してくださっている方々に、まだ行方の分からない人たちの無事
へ、福島原発の収束に、人々の魂へ。


毎時00分ごとに、できるときに出来る人が、それぞれの場所で祈っています。



わたしもその方々の中に加わらせていただきました。



ただ、心を一つにして祈る。そのことの力強さを思わずにいられません。


瞑想の際に、こちらのサイトも大変参考になります。


※サイトでは、お願いではなく、感謝の心の瞑想によるα波の共有を勧めています。


どうぞみなさま心安らかでいらっしゃいますように。


スポンサーサイト



NEXT Entry
何をしたか、ではない。
NEW Topics
「リーダーのための言霊塾 中伝」の感想
誘導瞑想会、終了しました。
「心のタフさ・レジリエンスの高め方『人間の周波数とは、その1』」
5月末日まで
自然が教えてくれること
つながる・学ぶ・継続する
2ヶ月ぶりの電車
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ