FC2ブログ
2011. 01. 21  
わの舞 という原始の舞を再現している会に行ってきました。

『タオ・コード』著者の千賀一生さんが直接指導してくださっているもので、全国に1年間で広がったのだそうです。

以下は、今日千賀さんがお話してくださった内容の要約です。うろ覚えなので、詳細は異なる部分もありますが、どうぞご容赦ください。

「人は古来から、どんな民族も動きを通して場を清めていた。パワースポットは本来地球上すべてがそうであって、人は場にあるエネルギーを維持したり、場にエネルギーを呼び込むために地球上に存在してきた。そのための動きの型がある。ただ型だけをしていては意味がない、その型に意図を込めることによって始めて宇宙や大地との共創造がうまれる。

身体は宇宙とつながるための道具。そのためには中心軸をしっかりと取ることが大切。

こんな調査結果が出ていた。リーダーの共通点は、身体がリラックスしていて、
中心軸がしっかりしている、ということだったそうだ。」

こうしたお話を間に挟みながら、「み柱の舞」という3パターンあるうちの1つのダンスを音楽とともに全員で輪になって踊りました。

まず初心者の自分たちが踊る前に見本を見せていただいたのですが、途中から輪の中心のエネルギーが高まっているのを感じ、踊る人たちと場の空気が喜びながら共にダンスをして高まりあっているように感じました。人と宇宙の共創造の現場を目の当たりにしたように思いました。

つぎに一通り習っている方と一緒に、初心者のわたしたちも踊ってみました。

なるほど、型を通して宇宙とつながりに行くのは、年末に参列させて頂いた伊勢神宮で行われている儀式「月次祭」と似ているな。。と思いました。まさに、身体の動き、型に思いを込めながら行うことで生まれてくる、ある空気感がある。

動いているうちに、しーんと心の内がなっていき、ぼーっとした意識で踊っていると、「あ、そうだ、これだった。」という何かを思い出す感覚になりました。

そのうちに感覚が喜びに変わっていくのを感じました。


帰宅後もその影響は残っていて、しんとして、すっきりした内的な状態を感じました。

これは本質的なものであり、大事なものだと感じています。

ハワイ10-23
Photo:Akiko Ohe

次回は2月19日開催なのだそうです。



常に、本質的なものを大事にしながら、地に足の着いた自分のするべき役割を淡々と果たして行きたいものです。






スポンサーサイト



NEXT Entry
感動。経営フォーラム 
NEW Topics
「心の平和の大切さ~自己肯定感を上げる方法 2」
古事記読書会「あめつちのはじめの会」
胸いっぱい
吾唯(われただ)足るを知る
あるインタビューにて
自分のルーツを肯定する。内なる分断を癒し、自分の力にする
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜 」の感想
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ