FC2ブログ
2010. 11. 15  
ワールドカフェ・ウィーク2010共催、こころのコンパス・クラブ主宰対話会を開催しました。

内容は、Worldshiftのお話を、ワールドシフトネットワーク・ジャパン代表理事の谷崎テトラさんから聞き、その後でオープンスペース・テクノロジーを行う、という形式でした。

この開催の意図は、地球上に人類がこの先も生きていけるために、今すぐに意識のシフトや、行動の変化を起こす必要がある、という考えの下に、行動を既に起こしている人たち同士がつながり、行動を起こしたい人がつながる、そして新しいアイデアを交換しあい、またそれぞれのアクションにつなげていく、ということでした。

平日夜でしたから短時間になりましたが、それでも部屋にはスタッフを含め40名の人々が集い、雨の寒い夜にもかかわらず、熱気がすごくて思わず窓を開けました。

谷崎テトラさんは飾らずシンプルで、そして本質、真実を見抜いている方です。

参加された方々も、それぞれに熱い思いをお持ちの方ばかりで、私は進行役だったことがとても残念でした。。なぜなら、タイムキープも必要だからです。

次回以降は対話に参加できる形を工夫したいと思います。

参加されたお一人お一人の方々の思いにもぜひ触れたかったです。


参加された方の感想です。

谷崎テトラさんのお話もそれに続く対話の時間も、とても刺激的でした。ワールドシフトという概念一つで、いろんな価値観を持っていろんな活動をしている人たちが、一つの大きな力になることができるということがわかって、感動でした。
また、何か機会があったら参加させていただきたいと思います。ありがとうございました。
                       Y.T.さん


「ガイアの復讐→グローバルブレイン」「問題を起こした意識、思考で問題は解決できない」という言葉が印象的でした。自由な雰囲気で対話ができてよかったです。とても雰囲気のいい会でした。ありがとうございました。      カルロスさん


自分にできることからで良いんだということを感じられてホッとしました。まずは自分サイズからやっていきます。このようなほのぼのとした会を今後も期待しています。コンパス・クラブは今後もできる限り伺います。         まなぶんさん


「意識的進化をクリエーションする」と言うメッセージが印象的でした。素敵なこのような場をありがとうございました。もっと頻繁に開催して欲しいです。充実した時間を持てました!
                         ナルさん

一つのテーマでみんなの意見を聴くのは楽しいです。どんなものでも始まりは小さいものです。期待しています。               ピエールさん


谷崎さんからのお話では「コ・クリエイション」と言うキーワードが残りました。その後の対話では五感をなくす=リセット、地球と生きると言う感覚の大切さを感じました。素敵な場をありがとうございました。              ユキさん


谷崎さんからのワールドシフトの紹介で、地球上の有機的集合に人間はなるということが印象に残りました。その後の対話で気づいたことは「Doingに目が行きがちだけれど集合体として変わるにはBeingも必要。新しいことをするのも大事だが、智慧を思い出すのも大事と改めて思いました。                    いっちゃんさん


対話をすること自体が自らを感じ、地球を感じることのように思いました。同時に普段いかに不自然な状態にあるかに驚きました。このような場を主催してくださって誘ってくださったことに感謝しています。                ふくちゃんさん



お越しくださった皆様。ありがとうございました!
スポンサーサイト



NEXT Entry
Worldshifi×ワールドカフェ感想の続きです。
NEW Topics
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
なぜ外国に住む外国人が日本語を学ぶのか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ