FC2ブログ
2010. 09. 29  

 ある企業さんに、「しごと支援窓口」があります。

 今ほとんどの大きな企業に入っている産業医の先生と、保健師さん、カウンセラーの方からなる、メンタル疾患になった方対象のカウンセリングとは異なる役割を、この窓口は負っています。

 それは、メンタル疾患とは関係のない、ちょっとした仕事上の悩み(コミュニケーションのことや、仕事の進め方、管理職としてどう部下指導するのか、といったことなど)を、対話を通して解消していく窓口で、わたしはコーチとして、そちらの窓口で関わらせていただいています。


 この取り組みは既に5年目に入りました。


 ちょっとした悩みを聞いてもらって語るうちに、すっきりとしてまた前に向かうことができる。

 小さなガス抜きはとても有効です。

 
 こうしたことを重ねることで、メンタル疾患を予防できるのですし、問題が大きくなる前に未然に防ぐことができるのです。


 銀行に勤めていた頃、職員として働きながら、こうした第三者がいてくれたらどれほどスムーズに仕事が進むだろうか、どれほど、ひとりひとりのストレス度が軽減され、誤解が解消され、楽になれることだろうかと願っていたものです。


 その役割を担うことが出来るようになって、とても嬉しいです。

 と同時に、こうした存在が社会や組織に、もっと広がっていくことを願っています。


 面談は45分間。初対面の方と1回のみの関わりがほとんどですが

 「聴いててもらってすっきりしました。こんなこと社内の人には言えないですからね」
 「聴いてもらうだけで、こんなにラクになれるとは思わなかった」
 「飲み屋以外でこんなに愚痴が言えたのは初めてです。ありがとうございました。」
 
 という方々や、コミュニケーション上の悩みでは

 「今おっしゃったことをそのまま言ってみたらどうですか?○○さんが部下の方のことを真剣に思っていることが伝わりますよ。どうしてあげたら一番良いんだろう?とあれこれ悩むより、先にそのまま聴いてみるだけで良いんじゃないですか?」と伝えることで、背中を押されて「そうですね、そうします。」と行動に移される方など、

 「これでいいんだ」と確認できるだけで勇気をもらって帰っていかれる方

 など、さまざまです。

 
 ほんのちょっと、誰かに相談できると、勇気をもらえるものですし、自分を肯定したり自信を持つことにつながる。


 ほんとうに些細なことのようですが、その社会に与える効果は絶大なものがあると思っています。


 カウンセリングに通わなければならないほど悩んでしまう前の、ちょっとしたガス抜きに、しごと支援窓口のような場が、日本の企業の中に、増えていくことを願っています。



 そして、今日はその窓口に関わっている全員の方々が集合して勉強会、そして懇親会でした。

 5年目にもなると、すっかり同僚のようになっていて、顔を合わせると楽しいひと時となります。



 こころのあたたかい、思いやり深いそして、ユーモアたっぷりの皆さんとのひとときを楽しんだのでした。


 ありがとうございました。


 
スポンサーサイト



NEXT Entry
「コアから生きる」伊勢ワークショップ延期のお知らせ
NEW Topics
言葉遣いが美しいと思う人
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ