FC2ブログ
2010. 07. 14  

 「自分とは一体何者か?」



 このことを考える時間が今の人はものすごく少ない。

 過去と未来ばかりに気持ちが向いている。


 ・・・Sun’sアカデミー クリエイティブ・シンキング学科 最終日。木戸寛孝さんより。


 

 ワールドシフト・フォーラムでパンフレットを見かけ、ご縁を感じて受講してみたこのコース。木戸さんがなぜこうした活動をされているのか?を知る、興味深い日でした。


 
 日ごろ私がNLPのコースを通じてお伝えしていることを、システムシンキングで、ロジカルに説明をされていて、こんな角度から入っていく方もいらっしゃり、こうした角度から伝えている方もいらっしゃるんだなあ。と感じました。


 と同時に私がうまく言語化して伝えられていない部分に適切な言葉を当てはめていただいて、そうだ!と納得する点もあり、木戸さんの情熱と思いのこもった一日でした。


 「外の世界は克服、支配するものではない。外の世界と和解していく時代。」


 
 「人が進化するために社会がある。社会があって人がいるのではない」


 
 「答えはなくていい。答えが簡単にあってはいけない。

 答えをすぐに求めると、自分のクリエイティビティーを発揮されない。するとどんどんバカになる。」
 


 20歳代前半の銀行員時代、写真を習いに行って知り合った経営者の方に、「どうしてこれってこうなんでしょうね?」と好奇心に任せて何度か目に付いたことへの疑問を投げかけたことがありました。

 その方は、そのたびにちょっと沈黙して、


 「それはあんたが調べて、考えたらいい」


 と答えられたのでした。




 そのときには奇妙に感じていたことですが、


 今ではそのことの意味が以前より分かります。




 銀行に勤めて10年も経つ頃には、恐ろしく危機感を感じていました。


 このまま思考停止になってしまって、腐った井戸のように、生きる化石のようになっていったらどうしよう?と。


 もちろん日々考えて仕事をする必要があり、銀行法のもと、複雑な業務が多くありました。


 それでも、考える範囲が限られているのです。



 20歳の頃から短歌を詠み始め、文学に、自分に向かうたびに、「人はなぜ生きているのか?」「何のために生きているのか」という問いがつきつけられました。



 問い続けること、問われていること。

 それを繰り返して、歌いつづけていました。



 そんなことが日常の思考の中にあり、職場でのロジカルで正確さとスピードを要求される業務との乖離に悩んでいたときもありました。


 
 組織の中で期待、要求されることさえしていれば生きていける。

 

 そうなったとき、わたしたちは顔のない存在、色のない存在、自分の声を持たない存在になるのではないでしょうか。




 「例え未熟でも良いから、自分の言葉と自分の行動を大切にしてほしい」

 「外側のものさしに自分を当てはめていたら、苦痛以外の何ものもない。」




 日々のルーチンの中に埋没していくことへの危機を、木戸さんは語られていました。





 「今最も求められているもの=クリエイティビティ。変化を楽しむこと。」

 

 このあたりのくだりになると、NLPの師匠でもあり、現在NLPラーニングのパートナーでもある山崎啓支の言葉とも重なって、二重に響いてきます。




 コアから人生をクリエイトする、このことを支援する活動をしています。


 人は想像し、創造することによって、進化発展してきたともいえると思っています。


 そして、それは決して外部のものさしで評価されるものを基準にクリエイトするものではなく、


 自分自身の中心にあるものから、創りだすもの。



 生きることそのものが創造であり、日常生活の中にも、例えば料理を作るというところにも創造はあります。


 自分自身にうそがない、その状態から創造する。


 そんなことを、日々実践しつづけたいですし、


 改めて、日々の面白楽しくも忙しい毎日に、このブログを書かずにいたことに対して、そもそも書きたいのに書けていない現状を変えることを、まずは指定校と思いました。



 そして、クリエイティビティ。まだまだ発揮していく余地がある。と思っています。


 わくわくしながら、想像を膨らませ始めています。


 伊勢内宮
 Photo:Akiko Ohe
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
世界に向かって動いている人たちと
NEW Topics
「ギフトシードの旅」の感想
「心の平和の大切さ~つながり」
ギフトシードの旅@葉山
満席になりましたので、増席しました
NLP勉強会「”コロナウィルスが怖い”と言っている人にどのように質問することができるか?」
ストレス・マネジメント@松山
クリエイティブ。そして実践的。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ