FC2ブログ
2010. 06. 23  
 今日はNLPコーチングのセッションをしました。

 その方から感想をいただきましたのでご紹介します。




 
大江さんのかもし出す雰囲気は、とても心地がいいです。

とても心地がいいから、正しい答えを出そうとする自分がいましたね。
正解はないのは、わかっていても自信がないのかな。

最初のワーク、信念の書き換えですね。
これは、なかなか大変でした。

人といるのが不快である、という感情を信念と置き換えるのが、違和感を感じまし
た。
自分の感情って信念なんだろうか、そういう疑問が生まれ、
その感情を手放すことが、どういうことか、全く理解できず、
不快な感情は、自分の中から離れません。

でも、頭で考えるのでもなく、感じるのでもなく、
そういうものだと思い込むことにしました、

今はどうでしょうか。
人と話すのも苦にはなりません。
意外と楽な感じがします。

無意識の働きでしょうか。


次のワーク、肯定的意図でしたね。
これはてきめんでした。
買い物をしてしまうその意図が「幸せ」という言葉に出会ったとき、
もう買い物をする気にはならなくなりました。
衝動的な感覚でしたね。
買い物って。
その瞬間だけ、満たされる。
しかし、すぐに消えてしまいます。

大江さんとお約束した、
満足感のある仕事をすること、
歌うこと、
人と話をすること、

明日は、歌のレッスンなので、歌えるし、
仕事も結構ファイトを持てるし、
人と話すのも、苦にならないし、

まだ数日しかたっていませんが、
楽しいですよ。


           新潟県 Tさん



 Tさん、ありがとうございました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 コーチングを受けることに慣れていない間は、つい、「正しい答えを出そう」とか「コーチによく思われたい」というところから発言してしまうことがあるかもしれません。


 しかし、コーチは評価判断しないので、そうした思考パターンが自分にあるんだな、ということに気付いたら、そのことを話していただいても構わないし、もしそんな気配を感じたら、こちらからお伝えすることもあります。「正しい答えを言おうとしていませんか?」など。


 そして、NLPのアプローチの途中で、違和感があったとしたら、日ごろ考えていない方法で思考するため、であるかもしれませんし、あえて違和感があってもそのことを想像体験してもらうことが効果的な場合もあるのです。


 こんな風に率直にお話を聞かせていただきながら、コーチングを受ける方にとってベストな関わりをしていきます。


 ひとりひとり、全く違う存在なので、コーチングの質やかかわり方も全く違います。



 コーチングセッションの途中でも、終わってから、次回に向けても、率直にご意見を出していただきながら、コーチングに対する認識をお互いが共有しあっていく。

 もしもそれを言うことを躊躇するならば、躊躇する自分はどこから出てくるのか?

 そこをテーマにコーチングすることもありえますね。



 


 
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
早朝の伊勢神宮。静かできれいです。
NEW Topics
「心の平和の大切さ~自己肯定感を上げる方法 2」
古事記読書会「あめつちのはじめの会」
胸いっぱい
吾唯(われただ)足るを知る
あるインタビューにて
自分のルーツを肯定する。内なる分断を癒し、自分の力にする
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜 」の感想
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ