FC2ブログ
2010. 04. 08  

 ある方とお話をしていて、またその方からも同じメッセージをいただきました。

 何かを習得しようとしたときに、方法を学ぶのではないということ

 型ではなく、ただ、自分の内側を見つめる

 内に何があるのか

 感情とは、表面的なことがらと、奥にある真実を結ぶ架け橋のようなもの。

 だから自らの感情をみつめる


 他の人がどう思うのかを詮索するのではなく、ただ自らの内側へと探索を深める。

 
 さまざまな修養を経てこられた末に、シンプルなことに気付かれ、実践されている方の言葉でした。


 意識すると届かなくなる、ありのままでいるとできるようになる。


 言葉で言うと正確ではなくなってしまいますが、

 NLPでわたしたちが学んでいることも、スキルやワークという型や手順ではなく、以下に自分自身と深くアクセスするのか、その経験を積んでいるだけのように思っています。

 最終的に方法が大事なのではないのですから。

 そして多くの情報と知識を持ち複雑に考えることが何かを得る手段なのではなく、どこまでもシンプルに、あらゆる知識、情報をそぎ落としたり、ふと忘れ去ったときにあるあなた自身の芯のようなもの、その美しさを見ていたいし、その輝きこそが世の中に求められるものであるように思っています。

 エクアドル3
 Photo:Akiko Ohe
スポンサーサイト



NEXT Entry
映画「アバター」を観て
NEW Topics
一元論を体現している宿
最新のセミナー情報
感じたことを考える
「小さいことを重ねることが、とんでもないところにいくただ一つの道だ」イチロー
【心のタフさ レジリエンスを高める】「心をタフにするには」
オンラインで言霊塾 初伝に参加できるようになりました
母音を響かせることの効果
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ