FC2ブログ
2010. 01. 25  
 
 痛い思いをしたとき、とても苦しいとき

 それは、何かに気付くためのチャンスです。

 その出来事は、タイミングが悪かったから、とか、つい、いつもの癖が出てしまったから、とか、運が悪かったとか、後からいかようにも解釈することができますが、そのことよりもそこから何を自分のものとして学び取るか?なんですね。

 
 そういうときこそ、最高に学ぶチャンスなのですね。





 岩のある海辺でシュノーケルをしていたときのことです。

 はじめての体験なので、深い海底を見下ろしながら海に顔をつけていることが怖くなり、顔を上げました。

 折りしも風の強い夕方、満潮に向かう頃でした。

 とたんに強い波に体をさらわれ、ごつごつとした岩肌に背中を打ち付けられてしまいました。

 波が高くなっていましたし、たまたま一人でそこにいましたので、痛くて、怖い体験でした。


 痛い、怖い。と思いながら、そうか。。と思いました。

 海に顔をつけているとき、体は波の動きと一体化しています。

 流れに乗っているときは、ゆらゆらと体は揺れますが、決して岩に体を打ち付けられることはないのです。

 ところが、その流れに抵抗しようとしたとたんに、力を要するし、抵抗し切れない強い力に押されてしまいます。

 
 人生の流れや波に乗るということに置き換えると、あるいは自然のいとなみに従って生きるということに視点を転じると、なるほど、と謙虚な気持ちになりました。

 環境や状況の変化の早い時代ともいわれますが、変化していく波や流れに乗って生きることの大切さも感じました。

 自らに差し出された人生の流れに抵抗しないことの力も感じました。

 力を抜いて、今を楽しみなさい、といわれたように思いました。

 
 
 一つのことを体験したときに、どれほどたくさんのことをそのことから学べるか?実は痛い思いや苦しい思いだけではなく、何気ない日常から何に気付いて何を学ぶか?

 この気付く力が、成長の違いであるのだろうなと思います。

 そんな違いが、生きることの深みや厚みを増してくれることのように思います。


 最近はそのアンテナをもっと磨いていきたいものだと思っています。




 
スポンサーサイト



NEXT Entry
言葉の限界、言葉への挑戦
NEW Topics
言葉遣いが美しいと思う人
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ