FC2ブログ
2010. 01. 24  

 昨年9月から始まっていました、NLPラーニングの、マスタープラクティショナーコースが修了しました。

 最後のワークは、なんともいえないほど静かな感動と満たされた空気があふれていみあした。

 一人ひとりが、その人として輝きながら、仲間のために自分を最大に発揮して、いきいきと楽しそうに、無心に、新しいその方らしさも表現していました。


 マスターコースは受動的に学ぶというよりも、能動的に学んでいただく場でしたので、最終講2日間も、どんどん能動的に受講生さんお一人お一人の表現が開いていきました。

 この10日間をかけて、「NLPを社会のどんな分野で活かしていくのか?」ということについて教育、ビジネス、セラピー、ライフワーク実現のそれぞれのスタディグループで討議、創造してきたものを発表していただきました。

 グループごとに、違う個性があり、そして一人ひとりの存在がよりその方らしくある発表で、とても本質的な深いところへと探求を進められたことが伝わりました。

 思わず涙が出てくるような感動的な発表もありましたし、真摯に探求したもの、目の前のビジネス現場で取り組んでいることに対しての途中経過報告もありました。

 
 NLPを学ぶことを通して、自分とは何者なのか?を探求する旅。

 自分が変わるということを体験し、他者の変化に関わることを体験し、苦しく、一方で楽しみながら、他者や仲間に向き合う事を通して自らに向き合い、NLPの基本スキルを習得しながら人間、そして自分を理解し、葛藤をリソースやエネルギーに変え、自らを制限する思い込みを手放し、揺るぎない軸を、知らず知らずのうちに身につけていく。

 そんな旅であったのではないかと、お一人お一人の様子を見ながら思いました。

 
 
 今、この瞬間に満たされている気持ちでいること、このことと、そして本来の自分のままにあること、

 それが手に入ったとき、その人にとっての幸せや成功が、自分のためだけではなく、周りの人や、自然や地球にとっての豊かなギフトとして最大化されていくように思います。


 そのために、目を覚まし続ける、多層に渡って存在し、認識している世界に対して、気付いていく。


 そのためにディソシエイトすること(客観的になること)
 日々いかに夢の中にいるのかということに、気付いていること

 そのために、ニュートラルな心でいることは、とても素敵なことですね。

 セミナーという形での学びはここで一旦区切りとなります。

 コースが終わった瞬間から、もうあたらしい世界が始まっています。


 気持ちを新たに、マスタープラクティショナーコースを終えていかれた方々を見送り、そして私も、また新しい旅へと向かい始めます。


 思い切って自分に向き合い、頑張ってきた受講生の方々に、本当に必要なことは必要なときに起こったのだと改めて身をもって教えてくださったお一人お一人の方々に、大切なものを手に入れた方々に、心からおめでとうございますと伝えて、この感動の時間を終えたいと思います。

 ありがとうございました。


 そして、探求を続けていきましょう。


 戸隠神社2
 Photo Akiko Ohe

 
スポンサーサイト



NEXT Entry
痛いとき、苦しいときに何に気付くか?
NEW Topics
「ひらりサロン」に参加されている方のご感想を紹介いたします。
8月は「人間関係を向上させるポイント」
心を穏やかにする・自信を深めるメール講座
楽観思考トレーニング LIVE配信
最新のセミナー情報
アマビエのドーナツ
座る 習慣化について
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ