FC2ブログ
2009. 10. 29  
「コーチングの資格をとっても、コーチとしてやっていけないよね~」

という声を、聴く事があります。

 わたしは、世の中全体を見渡してとても意義の在る学びを身につけた方から、こうした発言はなるべく聞きたくないな、と思っています。


 コーチングでほかの人の人生を変化、向上させる機会を得たのなら、ものすごい社会的資源を、身につけたということになると思っています。

 その資源を使う機会をつくらないことは、発電した電力を使わずに放電しているような、食べ物を残して捨ててしまうようなことのようにも思えています。

 厳しく聞こえるかもしれませんが、コーチとしての活動をしたいのであれば本気ですればいいし、したくないならその発言をしなければいいと思います。

 せっかく身につけた力を、是非一人でも多くの人にコーチングを受ける体験を通して変化を起こす機会につなげてもらいたいな、と思います。


 ここで言うコーチングとは、ビジネスコーチングという限定的なものではなく、その方の人生全体に関わり、生きることの豊かさをもたらしたり、存在意義を明確にして、本来のその人として生きるという関わりを指します。単に営業利益を上げることや、経営を向上させることのみではありません。

 コーチングを学んだ人全員がひとりに2~3人ずつクライアントを増やしたら、その数だけ、自らの人生を豊かに生きる人が増えることになるのだとすると、コーチングを学んだ人はいまやかなりの数になりますから、それが実現したら、もっと社会は充実して生き生きと、自分や他者を満たして生きる人たちが増えるのではないかと思うのです。

 自分がクライアントを取って収入を得られるかどうか、だけではなく、一人でも多くの人がコーチングの恩恵を受けられるようにするには、という観点を持つと、行動が変わることもあるのではないでしょうか。

 社会や世界がよりよくなるようにするには、コーチングを学ぶ人が増えることと、学んだ人からそのエッセンスを受け取ることの両方があるように思います。

 もちろん、一人ひとりのペースがあるので、それは尊重したいと思っています。コーチングをしたいと思っているのであれば、ぜひ、クライアントが見つからない、という言葉を言う前に、思いのままにクライアントを増やす活動をしてもらいたいのです。

 コーチングを学んだ方で、もし、もう少しクライアントさんを増やしたいな、あるいは、クライアントを見つけられない、と思われる方は、ぜひ、誰に、どのようになってもらうのを応援したいのか?を今一度考えられてはいかがでしょうか?

 クライアントを増やすことは、広くいろいろな側面で、多くの人が喜ぶことになります。もちろん自分にとっても嬉しいことでもあります。

 自分ため、という視点を横において、誰かのため、社会のためにコーチングを通して役立つとしたら、どんな変化や成長を社会や人々は得ることができるのか?という視点から見てみる。

 もらいたい、受け取りたい、ほしい、
という視点ではなく、
何を自分が差し出したいのか?どんな結果をもたらしたいのか?
という視点で見てみる。

 苦しみながらではなく、ゲーム、遊びの感覚で、楽しみながら取り組んでみる。

楽しみながらやると、その楽しんでいるBeingが伝わって、楽しさが伝
播するように思うし、一人ではなく仲間たちとすることは、やっぱり大きな力や
思いがけない智慧を生み出すと思います。

ということで、たのしみながら、自分らしく、コーチングをさせていただく機会を増やす動きをしてみるのはいかがでしょうか?

スポンサーサイト



NEXT Entry
考えを手放す・紅葉の森
NEW Topics
NLP勉強会「”コロナウィルスが怖い”と言っている人にどのように質問することができるか?」
ストレス・マネジメント@松山
クリエイティブ。そして実践的。
最新のセミナー情報
「リーダーのための言霊塾 入門編」の感想
「心の平和の大切さ~良かったと思えることを自分で作り出す」
水上バスに乗って
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ