FC2ブログ
2009. 10. 20  

 秋晴れ、晴天の今日、今年春から始めた、友人、お知り合いの方々とのお米作りの収穫の日でした。

 そうです、稲刈りです。

 昨年末からじわじわと話が出て、今年に入ってから一斉に田んぼを探し、春、籾をまき、いのしし、猿、鳥よけ網を張り、田植えをし、草刈をして、水を張り、稲の病気に心配し、話し合いをし、ようやくこの日にたどり着きました。


 ほんの少しの田んぼなので、来られた全員で手で刈りました。そして、脱穀機にかけ、麦をまいてある田んぼに、藁を広げました。

 借りた田んぼが少し遠いので、時々面倒に思うこともありました。

 田んぼに行こうと思うと、朝早く通勤電車に乗って新宿まで行ってから、高速バスで行くことになります。

 田んぼに行くのにどうして通勤電車なんだろう。。と、思うこともありました。

 水の管理のために、近くに住んでいる仲間にはほんとうにお世話になりっぱなしでした。

 隣の田んぼのおじいさんに、土から水が滲み出ていくことを教えてもらいました。

 田んぼに住んでいる虫たちには、土を耕すことで驚かせることになりました。

 いけるときには田んぼに通い、熱心に作業を勧めてくれた仲間の方々がいました。

 そして何より、私たち人間のできることをはるかに超えて、稲はしっかり育ってくれました。

 育って実をつけてくれるのは稲であり、つきっきりで励ましたりしなくても、勝手にしっかり育ってくれるのです。

 生命というものについて感じ入りました。

 私たちが日ごろ食べるお米のために、お百姓さんがしてくれていることに、心から尊敬と感謝がわきました。

 そして、労働と食べることが直結しているシンプルさを前に、そして、だまってただそこに広がっている田んぼや自然そもものに、ありがとう。とただ伝えたくなりました。

 食べるものを作れるようになると、自信が湧いてくるんだという方がいます。
 
 食料自給率を高めることが、日本全体でも一つの課題でもあるように思います。
 

 
 今日の収穫で、ほんとうに気持ちが晴れ晴れと、達成感に満たされました。

 ありがとうございました。
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
満月の夜・ワークショップ・ムーンロッジ
NEW Topics
「心の平和の大切さ~自己肯定感を上げる方法 2」
古事記読書会「あめつちのはじめの会」
胸いっぱい
吾唯(われただ)足るを知る
あるインタビューにて
自分のルーツを肯定する。内なる分断を癒し、自分の力にする
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜 」の感想
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ