FC2ブログ
2009. 10. 12  

 自然時間と聴くと、どんな印象を持たれますでしょうか?

 逆に、人工的な時間とは、どんなことだと思いますか?


 わたしたちは文明の発達の成果として、時計を持っています。しかも、世界共通で時間という概念を持っているかのようです。

 
 そして、時間を絶対のものと思い、時間通りに生活することに縛られます。

 ミヒャエル・エンデの『モモ』には、時間を貯蓄できるという時間銀行に時間を預け、じっさいは時間泥棒に時間をとられてしまい、忙しそうにしている大人たちと、時間を取り返しにいく少女が描かれています。

 

 自然界にある動植物は、どのような時間を生きているのかに、意識を向けてみましょう。

 植物は時期が来れば芽を出し、茎を伸ばし、花を咲かせ、実をつけ、種となります。
 渡り鳥は、季節とともにふさわしい場所へ移動します。

 
 彼らは時計もカレンダーも使っていないのに、ふさわしい時期を知っているのですね。


 そもそも時計やカレンダーは、人間が作ったものであり、それにしたがって生きているのも人間だけです。


 ではそもそも時間はどのようにして決められたのでしょうか?

 ご存知の通り

 一日24時間は、地球が自転する速度から、
 一年365日は、地球が太陽の周りを一周する、公転の周期から

 計測されたものですね。

 では、一ヶ月は何の周期でしょうか?

 
 「西向く侍」(2,4,6,9,11月)の月は、30日、または28日か29日。それ以外の月は31日。

 天体のサイクルとしては、こんなばらばらにあるものはないでしょう。

 私たちが何気なく使っているカレンダー、暦は、一ヶ月のサイクルが宇宙のサイクルと合わないものなのです。

 これを使い続けることで、無意識にプログラミングされてしまう不規則なサイクルにより、自律神経がおかしくなってしまうという説もあります。

 では実際のところ、一ヶ月とは何を指すものだったのか?

 そうです。月のサイクルです。

 月は27.32日で地球の周りを回るのだそうです。そして、一年で13回地球の周りを回ります。

 太陽の自転の周期は約28日なのだそうです。


 自然のリズムを取り戻すための、28日×13か月の周期。このサイクルを意識しながら暮らし始めることで、体調がよくなったり、気持ちがクリアになったり、直感がわきやすくなったりしたという声を聴きます。

 実際に私もそうでした。

 ということで、11月16日月曜日午後に、自然時間で生きるワークショップを開催します。、マヤの暦、コズミックダイアリーをベースに、宇宙のこと、自然のこと、ダイアリーの使い方をご紹介します。

 自然との一体感を感じながら暮らし始めるとき、いままで気付かなかったこと、視野に入っていなかったものが見え、聞こえ、感じられるようになることでしょう。

 ご興味のある方は、どうぞお越しください。

 コズミック・ダイアリーについての詳細は、こちらのサイト、もしくはこちらのサイトをご覧ください。


高野山20


 

 
スポンサーサイト



NEXT Entry
福岡NLPプラクティショナー第3講
NEW Topics
言葉遣いが美しいと思う人
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ