FC2ブログ
2009. 10. 03  
高野山6

 朝のお勤め、それから護摩行体験を経て、今日は参加者の方々が結縁潅頂を体験される日です。因みに結縁潅頂は、春3日、秋3日の年間わずか6日間しか開催されていません。そして、春と秋は、扱う内容が異なり、春秋2回参加することで、全体とのご縁を結んだことになるのだそうです。

 高野山7

 高野山8

 宿坊の前に集合して、出発です。

 高野山9

 高野山11

 一夜明けて快晴です。

  高野山12
 
 いよいよ会場となるお堂の中へと入っていきます。



 体験後の感想もさまざまでした。
 
 曼荼羅の中央にいる大日如来とのご縁を結ばれたみなさんです。
 
 その後は、曼荼羅を活用したNLPのワークに移っていきます。

 客観的にできごとをありのままに受け止める。これが、秋の結縁潅頂の金剛界の目的でもあり、その目的に合わせた視点を変えるワークに移ります。

 高野山13

 午後はどっぷりNLPのワークを楽しみました。

 高野山15
 
 そして、夜は。。。

 万灯会(まんとうえ)という、年間で3日間しか開催されない、奥の院での行事に参加しました。

 ちいさな明かりがところどころにある、墓地の間の道を行きます。

 幸い今日は、中秋の名月。

 木々の合間から見える明るい月光を頼りに、肝試しのように、全員で進みました。

 奥の院では、壮大な、まるでショーのような読経。20~30人のきらびやかな法衣を着たお坊さんたちが一斉に声明を挙げておられます。

 そのうち、歩きながら御経を読み始められます。「あ」の音に伸ばす声が長く繰り返されて、共鳴し、共振しあって、ものすごいエネルギーの場になっていました。


 終わってから、また阿字観堂に戻り、瞑想を体験しました。

 2泊目の今日は、皆さん更にリラックスされていました。そして私も楽しんでいます。。
スポンサーサイト



NEXT Entry
すがすがしい最終日
NEW Topics
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
なぜ外国に住む外国人が日本語を学ぶのか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ