FC2ブログ
2009. 08. 03  

 久しぶりに、山梨県津留市で仲間たちと借りている田んぼへ行きました。


 7月は一度も訪れることができず、久しぶりに見る田んぼには、しっかりと稲が育っていました。


 10数名で一緒に、半反の田んぼでお米を作っています。いけるときにいける人が行き、作業をします。

 食べ物は自分で作れるようになったほうがいい。

 というある頃からわいている直感にしたがっていますが、意外となかなか田んぼまで行けないので、自分で作れるようにはまだなっていないです。とてもとても素人です。


 しかし、この土地に対する愛着というのでしょうか。そうしたものが育ってきていることも感じます。


 何の変哲もない、里であり、棚田です。

 自然との対話や交流が

 しずかに流れていきます。
スポンサーサイト



NEXT Entry
チェンジザドリームシンポジウム
NEW Topics
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
なぜ外国に住む外国人が日本語を学ぶのか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ