FC2ブログ
2009. 07. 08  
 谷川俊太郎詩集「私」より


 「私は私」


 私は自分が誰か知っています

 いま私はここにいますが

 すぐにいなくなるかもしれません
 
 いなくなっても私は私ですが

 ほんとは私は私でなくてもいいのです


 私は少々草です

 多分多少は魚かも知れず

 名前は分かりませんが

 鈍く輝く鉱石でもあります

 そしてもちろん私はほとんどあなたです

 
 忘れられたあとも消え去ることができないので

 私は繰り返される旋律です

 憚りながらあなたの心臓のビートに乗って

 光年のかなたからやって来た

 かすかな波動で粒子です


 私は自分が誰か知っています

 だからあなたが誰かも知っています

 たとえ名前は知らなくても

 たとえどこにも戸籍がなくても

 私はあなたへとはみ出していきます


 雨に濡れるのを喜び

 星空を懐かしみ

 下手な冗談に笑いころげ

 「私は私」というトートロジーを超えて

 私は私です

yuuyake
 
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
いのちとは、夢でなければ、
NEW Topics
【心のタフさ レジリエンスを高める】「具体例から学ぶ」
心を洗う
弱さを見せ合える社会へ
夢殿大學にて「リーダーのための言霊塾」
一元論を体現している宿
最新のセミナー情報
感じたことを考える
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ