FC2ブログ
2009. 07. 01  

 「学習とは、何が可能なのかを発見すること。」

              ゲシュタルト療法を始めたフリッツ・パールズの言葉

 
  困難な状況に立ったとき、私たちはどのような視点でその出来事を見ているでしょうか。


  できない、難しい、という言葉が頭の中にあるとき、解決策を見出すことはたやすいでしょうか。

  
  こんな状況の中でも、何か解決策があるとしたら、どこにあるのだろう?それは一体何なのだろう?


  ということに興味を抱いていくとき、可能なことを見つけることができるのかもしれません。


  フリッツパールズが好んでセミナーで朗読していたとされる詩を紹介します。



「私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。

私はあなたの期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。

そしてあなたも、私の期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。

もしも縁があって、私たちが出会えたのならそれは素晴らしいこと。

出会えなくても、それもまた素晴らしいこと。」



 

スポンサーサイト



NEXT Entry
明日から12期プラクティショナーコースです
NEW Topics
【心のタフさ レジリエンスを高める】「具体例から学ぶ」
心を洗う
弱さを見せ合える社会へ
夢殿大學にて「リーダーのための言霊塾」
一元論を体現している宿
最新のセミナー情報
感じたことを考える
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ