FC2ブログ
2009. 03. 03  

 なんと80年代の番組をそのまま再放送しています。

 サウンド・ストリート。中学生、高校生の頃、毎週月曜日午後10時から、眠い目をこすりながら、ラジオにかじりついて聞いていました。

 DJの佐野元春は、たくさんの素敵な音楽を、世間の狭かった中学生のわたしに、教えてくれました。ロック、ソウル、R&B、ブルース、ビルボードホット100、50’s、60’s、多感な頃の私の人格を形成したのは、こんなビートたちでもありました。

 明日以降も後3日間ほど、毎晩0時から放送されています。

 思いきりアンカリングがかかっていて、とおい10代のころに気持ちがもどってしまいそうです。


 そして、NLPトレーナーや、コーチとして活動している私からすると、音楽をはじめとしたアートの力には、学ぶところも、そして及ばないところも感じるのです。

 芸術、アートは一度に幅広く多くの人にメッセージを伝えることができる。

 それほど昇華されてそれでいて人々に伝わりやすい力があるんですね。


 大切なこと、普遍的なことを伝えたいと思ったときに、

 その手段について時々考えます。


 そして、

 結局その人の持って生まれたギフトのある持ち場で、それぞれが、大切な事を伝えていくという事以外にはないのだなと、思うのです。


 わたしは、私の持ち場から、今このとき、この時代に、ここ日本において、淡々と、情熱を持って伝えていく。だたそれだけのことを、シンプルにしていけたらと思います。



 それにしても懐かしい音楽たちです。佐野元春の声も若い。。


 24年前(!)のあなたからみたら、今のあなたはどんな風に見えるのでしょう?
 当時できなかったことで、今出来るようになっていることはなんでしょうか?
 
 そして、当時と今、どちらがより、あなた自身でいるのでしょうか?


 
 本当の自分自身に戻っていく、自分自身として生きることは、何よりも時代に振り回されず、自分を見失わない生き方であるのかもしれません。




 NLPプラクティショナーコースは、3月14日(土)からスタートです。
 説明会を8日(日)に開催します。



スポンサーサイト



NEXT Entry
NLP個人セッションを行いました
NEW Topics
「ギフトシードの旅」の感想
「心の平和の大切さ~つながり」
ギフトシードの旅@葉山
満席になりましたので、増席しました
NLP勉強会「”コロナウィルスが怖い”と言っている人にどのように質問することができるか?」
ストレス・マネジメント@松山
クリエイティブ。そして実践的。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ