FC2ブログ
2009. 02. 16  

 14日間の学びが終了しました。

 NLPが体系化される際にモデルとなった3人の卓越した心理療法家の1人であったミルトン・エリクソン。
 彼の晩年の弟子であった、スティーブン・ギリガン博士のエリクソニアン催眠、14日間のコースが今日終了しました。


 詩や芸術を愛するスティーブン博士の繰り出す催眠は、まさに芸術作品のように、即興でうみだされていきました。

 そして、ただ催眠を伝えるだけではない、奥深い、あたたかいもの、ゆるぎない信頼を教えていただいたように思います。

 自分のセンターと繋がること、そしてセンターから開いて外部と繋がるということ、そのシンプルなことを、繰り返し体感しました。


 「個人の精神は身体のみに内在するのではない。身体以外の経路やメッセージにも個人の精神は内在し、個人の精神が下位システムとして所属するさらに大きな「精神」がある。このより大きな精神は神に喩えることができるだろうし、おそらく一部の人々が「神」と呼ぶものなのだろう。しかしそれは相互的に結び合わされた社会的システムと惑星レベルでの生態全てに内在するのである。」   グレゴリー・ベイトソン
               ~『愛という勇気』ステーぃー分・ギリガン著より引用
スポンサーサイト



NEXT Entry
Time Is Art 自然時間で生きる。
NEW Topics
NLP勉強会「”コロナウィルスが怖い”と言っている人にどのように質問することができるか?」
ストレス・マネジメント@松山
クリエイティブ。そして実践的。
最新のセミナー情報
「リーダーのための言霊塾 入門編」の感想
「心の平和の大切さ~良かったと思えることを自分で作り出す」
水上バスに乗って
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ