FC2ブログ
2009. 02. 08  

自分たちで、自分たちが学び成長する場をつくる。


金曜日から続いた自主リトリート。


どれほど自分たちが成長したかを実感したのでした。


そして、本当に大切なもの。それは、「つながり」なんだということ。
このことを体験から深く実感しました。



人と人との心のつながり、このことほど、かけがえのないものはないのではないだろうか、と思いました。



ふと顔を上げると、ほんとうに深く繋がっている仲間たちがいて、ああ、なんてすごい仲間たちと一緒にいるんだろうかと思いました。


一人ひとりがどのようにすごいとかそういうことよりも何よりも、細胞の一つ一つに深く、家族のように深いつながりがあるという実感を持てる、そのことがどれほど、幸福であるか、そして、この仲間たちと、わたしはほんとうに安心して一緒にいられる、自分を出せるし、なんでも言える、そしてここに帰ってこられる、という安堵のような喜び、それを実感しました。


ベトナム出身の仏教の僧侶ティクナット・ハンの言葉に「次なるブッダは、人として現れるのではなく、コミュニティの形をとって現れるだろう」というような記述があるのを読んで、わたしも全くその通りだなと思っています。


この、奇跡のような、仲間とのつながり、関係性。この関係性を、世界に広げていくこと、これをしていくことが、ほんとうに大切な事だと思います。


ひとりひとりの行動も大切ですが、何をするかよりも、どんな関係性をそこに生み出せるか?ということが、目に見えないし形がないけれど、ほんとうに必要なんだろうなと思っています。


そして、今回の自主リトリートで実践した、自分たちで学びを生み出し、自立して成長し続けるということ、これこそが、世界の望ましい縮図なんだろうとも思います。


ひとりひとりの市民が、自立して、自らの力で、住みよい環境をつくり、廻りの人たちと心のつながりを持ち、自らの力で生きていく。

この力を、ひとりひとりの人の中によみがえらせていく、ひとりひとりが自覚を持って、こうした環境を作り出すことができれば、

わたしたちは本当の意味で「生きている」存在になれるんだろうなと思いました。



学んだ事2つ

1.持続可能社会の実現。

 お互いの得意なものや、各自らしさの出るワークショップを、リードしあい、受けあう。これは、野菜や米の物々交換と同じ。お金のいらない社会を実現する。そして、だれかがやってくれるという受身ではなく、自立した関係でありつづけられる。この感覚で、食べものやエネルギー、技術などを交換していくといいんだな、と思いました。

2.クリエイト・フロム・アワーセルブズ(自分たちから創る)

 自分たちの手で、この地球で生きるということを創造する。このことの縮図を体験したように思いました。




ひろいひろい青空。

毎日姿を見せてくれた富士山。

風に吹かれて飛んでくる雪。

くっきりと浮かび上がる月光の影。

暖炉の前でのおしゃべり。


  豊かな時間でした。





 常に自分を満たしてあげる。そのことが、人を支援する仕事に携わる者に必須鵜の状態コントロールなのだと思っています。

 そして、それ以外の立場の方にとっても、周りの人を大切にするために、必要な事であるように思います。


 何より、自分が心地いいですものね。



  あなたが自分を大切にする時間は、一ヶ月のうちどの位ありますか?



 
そしてこれからも私は、人と人とのつながりの場を、創り出すサポートをしていきたいと思っています。
スポンサーサイト



NEXT Entry
クライアントさんが本を出版されました
NEW Topics
「アクティブホープ・ワークショップ」の感想
ひらり設立記念。感謝の「慈愛の瞑想」会、終了しました。
オンライン「慈愛の瞑想」
間を空けませう
コロナとの付き合い方3つのゾーン
ひらり設立2周年 感謝の瞑想会
メール講座「心の平和の大切さ~つながり~日本文化にみるつながりの感覚」を配信しました。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ