fc2ブログ
2024. 04. 30  
参加者のご感想「4/29(月)脳科学から紐解く~なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか? 」をご紹介します。
※いただいたご感想は随時追記いたします。

「コーアクティブコーチングにおける拡大質問やエンボディメントのカラクリが少しばかり分かった気がしました。また、実際のコーチングの場面において、なぜ今これをやるのかをお伝えするワードを手に入れることが出来ました。
直前の申込みにも関わらず、ご対応頂きましてありがとうございました。CTIのコーチングに沿った内容でしたので大変有益でした。また、このような機会がありましたら参加させて頂きたいと思います。」
<野田直揮様 40代 その他>

「やっぱり、無意識領域ですね。今までのコーチングが、どうしても意識領域に留まることが多くて、無意識領域の存在を意識できることで、前より自信を持ってエンボディメントなどの関わりができると思いました。
関西での1日コースの開催があれば教えてください。知り合いに教えてあげたいです。」
<Y.M様 50代 会社員>

「全体を通して言えるのは、CTIで学んだことの裏付けを得たので、ふわっとしていた部分に確信が持てたことです。また、自分のコーチングスタイルを客観的に知ることができたので、迷わずに自信を持って本格的に活動していきたいと思います。
どうしても得たい目標があるときは、メンタル・ブロックを外しているから、ダメで元々、やらない後悔はナシの精神で、願いを叶えてきたのだと実感できました。
ニューロロジカル・レベルでは、日頃から直感的に、上位概念で関わることが多いので、核心をつく問に結びつくのかなと思いました。
CTIのコーアクティブコーチングと絡めて説明いただいたことで、とてもイメージしやすくわかりやすかったです。ありがとうございました。」
<山口昌美様 60代 コーチ>

「NLPの本を読んで臨んだが、説明を聞いて、体感することで、理論と感覚の一致が見えたような気がする。また、コーアクティブについて、どこか信じ切れていなかったところがあったが、これからは自信をもっていいと思えた。
ありがとうございました。」
<K.Y様 40代 会社員>

「今→目標→目的→その先に何が得られるか感情を味わう」「プログラミングを変える」「メンタルブロックを外す」これらはわかっていたものの、更に明確になり伝えやすくなりました。
ニューロロジカル・レベルも順番にやることで、自然に深まっていく体験ができて、とてもいい学びになりました。
コーアクティブという共通言語の中での学びだったので、とてもわかりやすく有意義でした!」
<H.F様 50代 自営業・コーチ>

「コーチングで行っていることを脳のしくみで理解できた点は大きかったです。
具体的には、
●脳は空白部分を埋めるよう働くとの点で、問いを投げかけたり、設問のようなまだ答えのない大きな問を持ち続けることで、脳が答えに到達しようと動いている。これをコーチングはやっているのだという根本を理解できました。
●コーチングは潜在能力を引き出す、とよく聞いたり、自分でも決まり文句のように使っていましたが、それはどうやって(How)は言語化できていませんでした。無意識と意識の段階の違いを理解し、価値観や存在意義などが無意識レベルなのだということも初めて知りましたし、そこに働きかけるから、見えていない潜在的な部分がでてくるのだと、理解できました。
今後はこの仕組みを意識しながら、コーチングの実際のやりとりに(気持ちを聞いたり、ビジュアライゼーションしたり)広げて行きたいと思います。
NLPに関心があったものの(CTIかNLPかで迷いCTIから始めた)、とっかかりがなく、CTIを学んだ方からNLPの話を伺えることが貴重と思いました。」
<K.H様 30代 会社員>



pexels-saurav-sen-48836-185670のコピー
スポンサーサイト



2024. 04. 29  
アートのかたち ここはどこ?

土曜日は、「リーダーのための言霊塾 初伝」を夕方まで行い、その後 チームラボ planetsへ。
参加型アートで遊び心満載のチームラボは、親戚が上京するたびに案内をしています。
今回は20歳の甥を連れてGo。

昨年7月以来でしたが、一層外国人率が高くなり、日本語で話している参加者を探すのが大変です。
私たちも係の誘導の方に、英語で話しかけられました。

外の部や豊洲駅からの行き帰りでは、涼しい海風を感じながら、外国にいるような感覚を味わいつつ、アイデアとそれを現実化したチーム力に感動しつつ、観て、聴いて、触って、香りを嗅いで、(味だけなかったですが)五感で楽しみました。

工学部の甥は、電飾の美しい部屋で、電気の配線がわかる基盤を見つけてそこをじーっと眺めていました。
同じものを見ても、視点が違うからこそ面白いですね。

20240429のコピー
2024. 04. 26  
「神さまポイント貯まった~」

「早速 娘とすごろくをさせて頂きましたが、本当に良かったです!最近の口癖が「神さまポイント貯まった~」に変わったくらいです笑 良いものをお教え下さり有難うございました。」

第48回わんぱく相撲 台東区大会実行委員会の方からのご感想をいただきました。

「徳育すごろく 神さまポイント」は、4月28日(日)上記イベントの子供達の出場待ち時間の控室にて、体験会をさせていただく予定です。

子供達とすごろく体験をしたい方、ご一緒に現地に行って子供達がゲームを進めるファシリテーションを一緒に行いませんか?

難しいスキルは必要ありません。
ただ簡単なルールを説明し、見守るだけです。

参加してみたい!と言う方は当日11:30頃~長くて17:00の間になります。
ぜひご一報ください。一緒に参りましょう。

20240426のコピー
2024. 04. 22  
清明塾 1期 始まりました!

二十四節季の「清明」を過ぎ「穀雨」を過ぎた昨日4月21日。
1年半前からモニター開催をして
0期の皆様方とともに創り上げてきた、
清明塾第一期がついにスタートしました!

二十歳のころから短歌結社にて作歌を続けたり、
言霊、祝詞、やまとことば、仏教哲学、禅、
氣の學問、日本精神文化など、
多くの先生方から学ばせていただいたものをまとめ上げ、
20年来学び実践しているアメリカ生まれの言語心理学NLPや、
コーチング、ネイティブアメリカンの長老夫婦からの学び、
古代マヤの天文学、文字を持たない熱帯雨林の先住民、
アチュア族の村で過ごした体験などを融合。

ひとことで言うと、
現代に調和をもたらすリーダーになる講座です。

1回6時間×12か月では実は全く時間が足りず、
0期が終わった時には、もっとお伝えしたいことばかり。
という状態に陥ってはいるのですが、
そこをあえて、ぎゅっと内容を厳選して、お届けしています。

第一回目は、今私たちは、どこにいるのか?
「時間」と「空間」(今回は特に時間)を大きめの釈で捉え、
現在地を確かめ、あり方を学び継承していく視点での対話を深めました。

シルクロードを通って世界中の智慧が集まってきた日本。
現代もその流れは継承しつつも、今の時代はそこに加え、
太平洋の向こう側のアメリカから多くのことを取り入れてきました。

16,500年前の縄文時代以来の先住民的智慧を継承しつつも、
科学技術や経済の面で世界をリードする立場にもなった国。
こんな独特の個性を持つ国は、世界に類がありません。

自己理解は、自分の受け取った文化の理解から。

日本が特別と言いたいわけでも、すごいと言いたいわけでもなく、
ただ単に、時間と空間から客観的に個性や強み、傾向を把握するのです。

そして、受け取った個性の中で強みを発揮し合って
一つのチームとして、地球に人類が今後も住まわせてもらえるよう、
動いていくのです。

そのために、まず第一歩は、自分を清明に整えることから。
壮大なシフトの旅の第一歩は、
日々の小さな行動の積み重ねであることを
この国のご先祖様たちが文化として遺し教えてくれています。

楽しくも温かく好奇心に満ちた、学びと実践の旅の幕が開きました。

これからともに進む皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!

20240422のコピー
2024. 04. 18  
ひらりとシフトメルマガNo.117を配信しました。

今回のテーマは「目標に制限を感じている方への一言」です。

登録しているのに届かない、という方は、迷惑メールフォルダーをご確認ください。

これから登録される方は、以下のサイトからご登録いただけます。
https://www.hilali.co.jp/mailmaga

pexels-pixabay-46164のコピー

2024. 04. 13  
松蔭神社

桜の頃に間に合いました。
昨日、用があって、近くまで行ったので、参拝しました。

わずか2年7ヶ月の間に、
その後の日本を作った若者たちを育てた
吉田松陰さんが祀られています。

「学問とは、いかに生きるべきかを学ぶものである」

「あなたの志は、なんですか?」
と毎回門下生に問いかけていたと言われます。

直筆の「志」と書かれたお守りがありました。


20240413のコピー
2024. 04. 10  
中禅寺、男体山、二荒山神社 

先週末に訪問しました。

二荒山神社 中宮詞の狛犬がとても人懐っこい感じがして
一緒の姿勢と顔で写真を撮りました。
似ているかな?

中禅寺は、立木観音様が有名で、
写経は般若心経ではなく、
延命十句観音経でした。

千年以上以前に開かれた山。
それ以前から続く山岳信仰。

長い時間のつながりを感じる、清々しい滞在でした。

20240410のコピー
2024. 04. 06  
ひらり6周年

昨日ひらりは6周年を迎えました。
今月で、上京してから18年になります。

ただただ、ご縁いただいた皆様方と
命を繋いでくださったご先祖様の
おかげさまです。
まことにありがとうございます。

18年前。情熱の塊のようになって
いたなと思います。なんの縁故も
なく、ただ過去の自分と同じような
辛い思いをする人を減らしたい。
自己肯定感の高い、幸せを実感した
人たちで溢れる社会を見たい。
そのための一助となりたい。という
情熱だけ持って、パソコンと布団と
机だけを持って上京してきました。

すると突如色々なお仕事をいただく
ようになり、個人事業でコーチングや
NLP心理学をお伝えすることを通して、
願いを実現する場が次々と与えられました。

日本中の人たちが、自信や思いやりに
溢れた社会に向けた、企業研修
(マネジメントに活かすコミュニケー
ション・スキル、日本的リーダーシップ、
ストレスマネジメント研修等)、個人
契約のコーチング、言霊塾、自分塾、
清明塾。

これまでも1万人以上の方々が
明るい未来を描く支援をさせて
いただいて来ましたが、まだまだ、
大きなゴールに対してほんの少ししか
進んでいないと思いますので、これから
は、やり方をもう少し工夫しながら進ん
でまいります。

ゴールは、地球と人類の進化と
1,000年未来を生きる人たちに
幸せになる心の仕組みを届けることです。
まずは自分の人格を磨き高めるところ
から。自然の恵みに感謝するところから
始めてまいります。

天然と言われて久しい私ですが、心の
中に静かにある情熱の炎はずっとずっと、
燃え続けています。

至らぬ点も多々ある人間ですが
引き続き、どうぞよろしくお願い致します。

20240406のコピー

2024. 04. 05  
閃きを成果にするリトリート

先週末、3/30〜31日は、
御殿場リトリート光にて、
伝説の営業マン、小林一光さんと、
標題のリトリートを開催していました。

リリースと同時にあっという間に満席になった少人
数制、8名限定の企画です。

小林さんは、私が6年来学んでいる日産鮎川義塾
の塾頭をされておられ、プルデンシャル生命保険
会社でナンバーワン営業マンだった方です。

普段は哲学を楽しく学ぶ場「哲楽」講座を開催され
ていて、仏教哲学や鮎川事業哲学を実践的に解説
していただいています。

この2日間は、一光さんから、

・冥想的思考法
・閃きを行動に移し、成果を出す際のポイント
・感謝することの効果
・心の洗濯の重要性
・運が良くなる習慣

について、ご自身の実体験を踏まえてお話しい
ただき、大江から以下をご提供しました。

・閃きが起こらない時に起こっていること
・閃きを妨げるもの
・止めているものを解除するために
・閃き体質になるワーク
  1、自然との対話 ネイチャーコーチング
  2、絵・色を使って潜在意識を表現
  3、宇宙の視点になるワーク
  4、賢者との対話
  5、感情解放メソッド
  6、閃きを具体的ステップに落とし込むワーク

一光さんの体験談は、聞いていてもワクワクし
たり身震いしたりするほど素晴らしいもので、
ひらめきというより完全にフローに入って
おられたご様子でした。

参加された方々も実業を通して自分を磨くこと
にアンテナのある方々で、私も新しいアプロー
チを実験でき、大変充実した2日間でした。
ご参加された皆様、一光さん、リトリート光の
たつやさん、きみこさん
2日間ありがとうございました。

次回は、7月23日(火)~24日(水)の
日程で開催したとして、いらっしゃりたい方
いますでしょうか?平日なので、ご希望を伺って
みます。

少人数で宿泊型なので、個別相談にも乗って
頂けるし、移動せずとも夕食を同じ場でゆっくり
できて、濃く深く学べます。

次回参加したい、興味ある、と言う方はコメント
欄に「興味あり」とお書きいただけますでしょうか。
追って詳細情報をお知らせいたします。

20240405のコピー
2024. 04. 02  
3月29日金曜日、すごろく体験ワークショップを開催しました。

小学3年生の男の子と大人5名でした。
大人の方々も終始楽しんでおられ、大変盛り上がりました。

参加された方の感想です。

「子供が大人に向けた単語一言でも、真髄をついた言葉だと感じました。
 ゲームでは、終始穏やかな雰囲気の中進められて、一人が引いたカードでも、皆とアクションを取ったり、言葉かけをする行為から、絆が生まれたり、互いを思いやる気持ちが芽生えると感じました。

細やかな言動が変わり、自身が変わっていく事で、社会全体へにも影響を与え、日本人である誇りを更に深めていける、すごろくゲームだと感じました。

 お子さまにも、大人にも是非、体験してもらいたいです。」
藤田 美英子様 

「(子どもが)初めての方と話したり意見を言う時も、自分の言葉で思ったことを話せていました。
初めは緊張してましたが、ワークのおかげもあり、だんだんリラックスして参加出来た様です。

(大人)徳を積む、と一言で言っても日常ではあまり考えられないことをゲームを通じて思い出させてもらえたり、普段の自分の行動を振り返るきっかけになりました。

誰も見ていないところでも!を意識できるようになれそうです。」
浅野 香世子様

20240402のコピー
2024. 04. 01  
参加者のご感想「3/30(土)〜3/31(日)閃きを成果にするリトリート」をご紹介します。
※いただいたご感想は随時追記いたします。

「ひらめきやすい時とは、
①ひとつの事について無心で一所懸命考え抜いている時
②天に応援される目標は、世間の役に立っているかを願って行動している時
③自分の内側からの声にも素直になり天に応援される生き方をしている時
④朝のウォーキング
⑤心や悩みも週に1回は掃除して、空にする。
⑥自然の美しさをただ感じる
⑦無意識は言葉を使えないので感情で表現してくるので、
否定的な感情を取り除いてスペースをつくると、
ひらめきが天から降りやすくなる。

一光さんへ、
左脳を止めて止観する冥想的思考法を分かりやすく説明してくださり感謝します。
直感で大事と思ったことを信念を貫き、世間の役に立っているかをチェックしながら願って行動すれば願いは叶うというお話は前向きにさせてくれました。
自分の人生だから世間体など気にせず、自分の内側からの声にも素直に従うことも大切というお話も響きました。
ありがとう で結界を張るというのも響きました。
たくさんの教えに感謝します。

大江さんへ、
今ここにある美しさを判断なしに、ただ感じることの大切さを教えて頂きありがとうございました。
戸外での樹木や大地との会話は地球との一体感があり感謝します。
宇宙からの視点、天上界の自分からの視点、守護霊からの視点、そして自分の視点、と移していくと困りごとなど大した事ではないと体感できました。
最後のワークは、絵を描くことで感覚を使って表現でき、実現したい目標のその先をたっぷりと味わうと、あたかも天上界に戻った状態なのではと思いました。
他にも沢山の気づきをありがとうございました。」
<ひろ様 60代 その他>

「気づきと学び内側から光るためにやっていることやるべきことは、
身の回りから考える感想施設や森の場、セミナーでのお話しやワーク、
そして縁を頂いた方々、全てが素晴らしかった。
とにかく楽しい2日間でした。ありがとうございました。
2日間、ご指導ありがとうございました。
講義のほか、森や社でのワークや、そして、
3食を共にできたことで学びが深まりワークでの共有ができました。
ありがとうございました。」
<T.W様 50代 会社経営者>


「・一言で言えば、閃くためには心身ともにいい状態で自分があり続けること。
そのための、瞑想・運動・食べ物・睡眠など毎日のルーティンが大事。
時々、自然の中に行くことも。
・「今、目の前の事」に一生懸命やっていれば、自分のやりたいと思っていることと流れの中で繋がってくる。
いろんな気づきが得られた2日間をありがとうございました。
あの環境(美味しい水も含み)だからこそ、閃いた(繋がった)ことも多々ありました。
フォロー研修もあるようですので、楽しみにしています。」
<K.K様 50代 会社経営者>

「万物は光なのですね!ということを全身全霊で気づき感じとることができた、
とても貴重なリトリートのひと時でした。
そしてそれは、自然の中に身を委ねることだったり、教えの言葉の中だったり、
無邪気な童心に戻って手足を使うことだったり、
と様々なかたちで自分を念いだすことで、自分の中の光に気づき実感が湧き出し
充ちてくるというのが、人間に与えられた素晴らしい智慧なのだと感じました。
これを続けてゆくことで自分らしい「瞑想的思考」を身につけてゆきたいと思います。
もう一日滞在したいくらいでした。」
<M.I様 50代 会社員>



20230926のコピー
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ