FC2ブログ
2016. 08. 02  
感情は、意図してなるものではなく、腹が立ったり、悲しくなったり、苦しくなったり、焦ったりは、無意識で勝手に起こることですね。
しかし、そうした感情は決して悪なのではなく、わたしたちの意識に、何かを伝えようとしてくれている、お知らせであり、メッセージなのです。
例えば足首に捻挫をしたとき、「痛い」と思い、できるだけ歩くのを控えることをするのは、けがをした足首にとっては必要な休養を与えるきっかけになります。
もし痛みを感じなければ、いつも通りに動き回ってしまい、ねんざの治りが遅くなってしまうことでしょう。
感情も、それと同じです。何かに気付いてほしくて出てきます。何かとは、大切にしたいことです。
ですから、慌てずに、無意識が何を伝えようとしてくれているのかな?と耳を傾ける、意識をそちらに向けるようにすると、感情がさらに大きくなることを避けることができます。
無理にその感情を押し殺して感じないようにしようとしたり、そんなことをおもう自分はダメだと思って責めたりする必要はないのです。必要があって、良かれと思って無意識が働いていくれていることにまず感謝する。
昨日は、「感情との付き合い方 向上委員会」セミナーを開催していました。
感情との距離の取り方、感情に振り回されない方法、感情を切り替えるイメージセッション等を行いました。
真夏らしいセミの鳴き声のする、力強い緑の見える素敵な会場で、素敵な参加者の皆様と共に過ごすことができました。
このセミナーの土台となっているNLP心理学を学ぶ資格コースは、8月27日(土)から始まります。
http://core-creations.jp/course/basic.html
昨日参加されたみなさま、ありがとうございました。

13895267_10209443203414133_8423656419122087552_n.jpg
2016. 08. 01  
13912513_820499791383239_1020810646511284677_n.jpg

・感情はメッセージ。その声を聞けるようになっていくことが、意識の成長だという気がした。
・感情は無意識からのメッセージであること、その感情を客観的に見つめる方法とそのことによって自分の感情が良い方向にかえることができるということが体感できてよかったです。
・感情はマイナスのほうではなく(決断意志などの)プラスの力として用いることができるようになるにはどうしたら良いか?という問いが自身の中に在り、今回のセミナーに参加させて頂きました。
7月31日に開催された、「感情との付き合い方 向上委員会セミナ―」に参加された方の感想をご紹介します。
ご参加いただきありがとうございました。
======================================

・イメージなどを使うことで、感情を生み出しているフィルターを変えられるというのは面白い。感情に気付き、フィルターに気付くことをしていくきっかけをもらえた。
(S.H.さま)
・セッションでクライアントのサボ対策に使える。
・自分自身のコーチとしてのサボ対策にも。
(50歳代 Y.I.さま)

・とても面白かったです、ありがとうございました。
(J.T.さま)

・今回参加させて頂き、感情を持つ自分を客観視し、それを肯定的に捉える方法やイメージ化して、操作可能な形にして感情の方向性を変えていく方法のヒントが得られたことが大きな収穫でした。
(30歳代 匿名さま)

・他の受講生の方との学びのパワフルさを改めて感じました。
・空白の原則について、クライアントさんへの質問に使われているとのご発言、そういえばそうことね、なるほど!と気づきがあったり、立ち位置のデモンストレーションされた方の表情の変化、ペアワークで体験後のシェアからはワークのパワフルさを目の当たりにしました。
・感情は宝物、どんな種類のものであっても大事につきあっていこうと思いました。
・とても楽しく役立ち、NLPの復習もでき、有意義な時でした。久しぶりにお目にかかれうれしかったです。途中退席失礼致しました。最後まで聴きたかったです。ありがとうございました。
(主婦 40歳代 Y.S.さま)

・脳は空白を埋めようとする。その具体例に目からうろこでした。うすうすは気が付いていたこと。「自分の首を締めているのは自分なんじゃないか」それがすとんと心の中に入ってきました。
・癖になっていた感情を手放すことはできる。なぜならこれは自分がそうしているだけだからと身体で理解できた、そのことで心に青空が広がりました。
・気持ちのいい空間で会場がとてもよかったです。自分だけでなく、参加しているほかの人の表情がとても優しくなっていくのを見ることができるのもとても素敵な相乗効果を生むと思いました。
(会社員 40歳代 M.A.さま)
2016. 08. 01  
先日の土曜日、AtoBeingマスター・コース第一期が修了しました。
これは、変化し続ける時代に、柔軟に時代の潮目、人生の潮目を読んで、自らを高めつつ、コアを目覚めさせ続けて生きるためのコースです。
NLPプラクティショナー、マスタープラクティショナーコースを終了し、人の脳と無意識がどのように働くのか?を理解した方向けの内容です。
奈良県天河神社での合宿から始まったこのコース。
少人数で、個別に参加されている方の状況に応じて、その時に応じて進めてきました。
「今だ。」と思う方にご参加いただいています。
コースに参加した方から、
「どういう仕事に就こうとも変わらない自分のあり方を確かめて、つながりを深くすることができた。ますます自分を気に入っている状態。仕事への向き合い方が変わり、土地のエネルギーや自分との巡りに気付くようになった。」
という感想がありました。
他の参加者の方も、私も、全員が「凄く変わったね!!」と目を見張る方もいらっしゃいました。
このコースは、毎回違う形で、少人数で、そしてそんなに長くなく開催していきます。
形のない、型のない、それでいて本質的なコースです。
次回も時期が訪れたら、また開催します。
その時々に応じて、感性を磨き、自らを高めることを続けていければと思います。

13669569_10209439372638366_8596976116224496333_n.jpg

13895564_10209439373118378_3208521067292855317_n.jpg
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ