FC2ブログ
2015. 03. 05  
0304.jpg

今日は「女性社員のリーダーシップ」に関する研修を行っていました。
5年前から行っているこの研修ですが、政府が企業に女性管理職登用を促進するようになったため、今回最も参加者が多く、50名強の方々が来られていました。
女性の管理職登用促進に関して、制度をつくることで対策をした気になると、よく言われることですが、現場は誤解やストレスで大変なことになることと思います。
たまたま先日、東京駅丸の内側を歩いていましたらテレビ局のインタビューを受けたのです。
「安倍政権が女性管理職登用を3割にすると言っていますが、それについてどう思われますか?」と。
私は人の教育こそが社会をつくる基盤だと思っている人間ですので、それに賛成でも反対でもなく、いかに男女それぞれが社会的変化を受け入れていけるか?そのマインドセットのための研修をあらゆる企業や組織でやっていくことが先決であるように思います。
大事なことは、女性管理職に対する受け取り方、管理職こうあるべし、という思考のパターンを男女ともに変えるということだと思います。
男女の脳の違い、コミュニケーションの取り方の違い、問題に対するアプローチの違いなどを知り、女性が管理職になるメリットを理解する。
その上で女性リーダーは、自分の持ち味を活かしながら、組織目標に向けてチームが行動するのを支援する。
今日は、リーダーとしていきいき働くための4つのポイント、コミュニケーションで最も大切なこと、などについて実践し、対話しながら進めていきました。
研修が終わった後、「私は、昇格して管理職になったとき、以前の男性上司のように振舞わなければならないと思って、無理してストレスが溜まってしまっていました。」と報告してくださった方がいました。
この方のような誤解による苦労を今後起こさないようにするためにも、
あらかじめ、男性、女性それぞれに、マインドセットのための研修が広く行われる事を願っています。
2015. 03. 03  
0302_20150305202450244.jpg

突拍子もないかもしれませんが、数年前のあるとき
「私は地球という遊園地に遊びに来ているんだ!」と思いました。
そうすると、見え方、捉え方が変わったのです。
(単に視点の変換、リフレーミングとして捉えてもらえればと思います。私がほかの星から来たと言うことではありません。)
だいたい、地球上の人類の中で、こんなに安全で、モノが豊かで、清潔で、秩序があり、経済面でも恵まれた、衣食住に困る率の低い日本に生まれたという時点で、人類の1%にも満たないラッキーなところからの人生のスタートをさせてもらっています。
遊園地で遊んでいると思うと、ちょっと怖いものは
例えばディズニーランドでいうと「ホーンテッドマンション」だったり、スリルあるチャレンジは「ビッグサンダーマウンテン」に当てはめられます。
安全で先が見えるアトラクションよりも、ちょっとスリルがある方が楽しめる時もありますよね。
運動会の「借り物競争」をしているように思う時もあります。
自分が手に入れたと思ったものも、大きく見たら、全部地球から生まれたもの。全員地球から生まれたものを共有し合っているんですから「借り物」です。
その借り物をちょっと手に入れて「やったー」と喜ぶ。
そして、その後返す(地球に)。
こうした楽しい遊園地またはゲームであるのが本来なのに、なんだか真剣になりすぎてしまっている日常がある。
環境、人口、経済の問題と言われるものも、ゲームかなぞなぞの課題。
そんな風に捉えることができるようになったら、自分が子供のように思えてきました。楽しむためにここにいるんだ、と。
いつもいつもそう思っている訳ではないですが、
ありがたいなと思ったり、愛ってすごい力だなと思ったり、日常のひとつひとつのことからふっと気づいていくことが、生きる豊かさの実感になっています。
同じ次元で問題を解決しようとすることはできないとアインシュタインも言っていますが、ふっと思考や目線を動かすと、すぐそこに豊かで平和で愛にあふれた空間があるんだなあという気づきを楽しむこの頃です。
こんなこと言っていますが、ちゃんと経営者さんへコーチングさせていただいたり、企業の研修に伺ったり、社会課題に向けてこれだと思う動きをしたりという日々を送っていますので、心配されないでくださいね。
2015. 03. 03  
0303.jpg

一歩会場に入ると、いえ正確には、会場に向かうエレベーターの中から、優しいふんわりした明るい空気でお互い自己紹介が始まりました。
社会に、こういう空気が足りないんだなあと気づきながら、「いいですねー、この空気❤️」とゆるゆる初めて出会う女性同士で会話しました。しかし、主催者は男性なんです。全参加者のうち2割ほど男性も居ました。
絵本好きな私ですが(銀行員時代は給料日の後に必ず絵本の専門店に行って、2ー3時間、立ち読みしては、1冊の絵本を買って居ました)今日はたくさんのいい絵本たちに出会えて、幸せいっぱいです。
私は写真の本を紹介しました。
本当にいいんです、この本。作者の実話だと思います。
条件付きではない、存在そのものを認められ、承認される体験は、たった一回でもその人の潜在力を目覚めさせるし、人生を変えるほどの力となるんだと教えてくれます。
この絵本、私はよく、NLPのコースでご紹介しています。
この絵本にあるような、存在そのものを承認し合う関わりが、社会全体で起こってきたらいいなと願って、コーチングやNLPのコースを行っています。
今日出会ったみなさん、一緒にいい時間を過ごしていただいて、ありがとうございます。
2015. 03. 02  
ワールシフトその2


昨年ナチュラルな流れの中でスタートしたこの講座。今年はまたこの流れに素敵な流れが加わりそうです。
https://www.facebook.com/events/1405294243107574
2015. 03. 01  
0301.jpg

昨日価値あると思ったものが、今日には価値を失う。例うれば、そのような変化の激しい時代といえる昨今。こうした時代に必要な力とは何か。
それは、一人ひとりが既に持っている(けれど今は使っていない)何かをオンにすることなのだろうと思います。決して欠けているから外側から足す、という行為でななく。
1.「何を避けたいか?」ではなく「どうなりたいか?」に焦点を当てる。
  何のためにそれをするのか。を問う。(使命・目的)
2.自分の感覚を信頼する。身体感覚に耳を傾ける。今にいる。(感性・感覚)
3.客観、俯瞰する。
もともと、「何のために私はNLPを伝え続けているのか?」と自問していた6~7年前から浮かび上がってきていた、変化を生き抜く時に必要な要素たち。
今日は、「自在に人生を生きるためのNLP”3つの輪”セミナー」総合編を開催していました。
本当に伝えたいことを全面に出してみたら、とてもクリアにスッキリ、一貫して伝えることができました。なんだ、こうやって伝えたらいいんだ。と自分でもやってみて分かりました。(参加された方の感想はこちら https://www.facebook.com/core.cre
「人が進化する」とはどういうことか。
大震災や環境の危機、経済、国際関係、人口、食料、心の問題・・・
様々に言われる事柄を通して、内側に眠っていた何かを目覚めさせていくこと。
ひとつ前の世代の方々が、インフラを整備し、戦後の復興を果たし、経済を成長させてくれたのだとしたら、
次の時代の局面を生きる私たち世代の役割が、ここにあるように思います。
力む必要もなく、自然にそれを発揮していくために
仲間を増やしていきたいと思っています。
2015. 03. 01  
0301その2コアクリ

2月28日に開催していました「自在に人生を生きるための3つの輪セミナー」に参加された方の感想です。
・プログラム(パターン)から出ること、問題から目標、目的に視点を変える事の大事さが分かりました。ワークを行ったことで、体感もできました。1日の始まりに、その日の「目標、目的を立てる」を実践していこうと思います。
単なるNLPではなく、オリジナリティーの高いセミナーであることが、特に良かったです。
Sさま エンジニア 40歳代 男性

・大江さんのセミナーを受講できたのが最高の喜びです。東京に来て本当によかったです。NLPに久しぶりに接することができました。コースを受講したいです。
フルートさま 団体職員 50歳代 男性 

・「今の自分の方向性で良いんだ」と思えたことが一番の気づきでした。ここから、あえて何かやろうとしなくても自分は最適な変化をしていくのだろうという気がしています。また、久しぶりにNLPの知識をまとめ直す良い機会にもなりました。
ねっちゃんさま 講師・コーチ 20歳代 男性

「自在に人生を生きるための3つの輪セミナー」今後の予定
◆「感性・感覚を磨く」
3月15日(日)10:00~12:30
https://www.facebook.com/events/800167233408244/?unit_ref=related_events
◆「客観的・俯瞰的になる」
3月29日(日)10:00~12:00
https://www.facebook.com/events/647949415311732/?ref_newsfeed_story_type=regular
◆「目的・使命を持つ」
 4月4日(土)10:30~13:00
http://peatix.com/event/75021/view
2015. 03. 01  
0301コアクリ

NLPプラクティショナーコースに参加された方の感想です。
大江さんの良さはたくさんありますが私が一番好きなところは心がピュアであり、受講生・クライアントを慮る気持ちがとても強いところです。
かといって近寄りがたいカリスマのような威圧感は一切ありません。自然をこよなく愛する素敵な女性です。
大江さんとは安心して色々なことをお話できますしコミュニケーションも大変取りやすいです。
この信頼感は本人が口で説明しようとしてもなかなか証明できるものではありません。
人間の内面に着目し人それぞれが持つ潜在的なパワーを十二分に引き出してくれるそんなトレーナーです。
NLPはある一定の体系が既に確立されておりフレームはどの団体で学んでもあまり変わらないと思いますのでトレーナーの関わりや力量は大変重要です。
私は他の団体で受講したことはないので他の団体のことはよくわかりませんが、NLPをもう一度学ぶとしても大江さんをトレーナーとして選ぶと思います。
私は普段の生活でNLPのスキルを投入するというようなことを特に意識しているわけではありませんが、NLPを学んでからは良く初対面のかたから安心感があるとか信頼感があるというお言葉を頂戴します。
大江さんから学んだNLPの良さが無意識のうちに発揮できているのだと思います。  
山本利彦様 50歳代 
フォワード・インターナショナル(株) 代表取締役 
 実践型 海外ビジネスプロデューサー

次回のNLPプラクティショナー・コース(コンシャス・リリース・メソッド基礎コース)は、4月18日スタートです。
詳細はこちら http://core-creations.jp/course/index.html
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ