FC2ブログ
2019. 07. 07  
昨日6日は、「リーダーのための言霊塾 入門編」を開催していました。参加された方の感想をご紹介します。

「こんにちは」「さようなら」の意味、日本語の深さを改めて教えていただけました。少し前に友人と古事記の話をしていたので、改めて読んでみたいと思いました。今後も継続して学びたいと思っています。
Y.Fさま 薬剤師 女性

「良い言葉を使う」それだけで前向きになり、何でもできる気になる=自己肯定感が上がる感触を得ることができたので、これから毎日実践していこうと思いました。「言霊の力」「肯定的な言葉を使う」はよく聞いてはいたが、なぜそうなのか日本の在り方を知りながら学べたのでとても納得できたしやろうと思えました。本日はありがとうございました。たくさんの気づきがあり、楽しくあっという間でした。
T.N.様 会社経営 女性

地球環境、資源状況への懸念でサステナビリティが重要視され、経済では所有の経済からシェア経済へと移行する時期にあって、日本的考え方、取り組みの重要性を再認識しました。
日本企業の経営管理層、海外で働く日本人ビジネスマンにこの講座を紹介したいです。非常に有意義なセミナーでした。さらに深く勉強できればと存じます。ありがとうございました。
Mark様 会社員 50歳代 米国在住

参加された皆様、ありがとうございました。

次回は少し間があいて、10月にオンライン版と対面版を開催します。

1_201907080954322f8.jpg
スポンサーサイト



2019. 06. 10  
地球は🌏球体ですよね。太陽も月も。
全てを球で捉える。平面的ではなく、立体的に様々な角度から日本文化につながり直し、使命を言霊にする「リーダーのための言霊塾 初伝」14期が終わりました。

好奇心いっぱいな、気持ちのいいパワー溢れる方達が集まられて、共に色々な側面から日本を体感、実践しました。

やまとことば、オノマトペ、日本に古来からある精神文化、祝詞、言霊の力、世界から見た日本像、日本人の生き様、ビジネス界の日本人。

時々マニアックな私の趣味にお付き合いいただく場面もあったりしながらも(笑)、お一人お一人の使命を語る時の場の空気の熱と圧が心地よく、濃いリーダーの方々でした。

私は日本人は、世界を調和させるファシリテーターになれるんじゃないか、そこにこそ日本の持ち味が活かされるんじゃないかと仮説を持っています。

外国からの文化を取り入れ、融合できる点、八百万の神の世界観、「なる」文化であること、など。。

自然界と人間界を分けない感覚。「里山」はアメリカにはないそうで、どうやったらそれが作れるのか?見学に来日する人もいるそうです。

融合、融和させられる感性を輸出できたらいいなと思います。それが世界の平和につながることを願いつつ。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました😊

1_20190610093214d03.jpg

2_201906100932163d7.jpg

3_2019061009321704e.jpg

4_20190610093219ea1.jpg

5_2019061009322092f.jpg
2019. 06. 03  
日曜日は、言霊塾を開催していました。
自分たちが受け取り馴染み身体に染み入っている文化はほとんど無意識的で、気づいていないものが多いですが、異文化の方からのフィードバックで初めて意識するというものもありますね。

自分にとっては当たり前のことでも、他者から見ると美点、個性、長所と言えるものがあるように、自国のことも、当たり前のように日頃振舞っていることが、他国から見ると個性、美点だったりすることがあります。

私は日頃から「根拠のない自信、という無形の財産」、つまり自己肯定感こそが、人が生きていく上で大切なものでり、教育や継承するもののうちのこの上なく重要な一つであると受け止めています。

自己肯定感を深め、徳を高め、時に楽しみながら、時に真剣に、生まれてきた目的を果たして生きる。

ただシンプルに、いそいそと一人一人がこの方向に生きたら、どんなに世界は変わるのかな、と思っています。

初めて聞く内容のことばかりだった、という方、日本語の言霊の力をますます面白く感じたという方、君が代の「君」とは、一般に人の世全体、または成熟した男女を指すことや、初出は古今和歌集の読み人知らずの歌だったと初めて知った、などの感想をいただきました。

日本人は自分の国のことを知らなさすぎると言われたりしますが、自己理解するために自分の興味診断をするのと同じように、受け取っている文化の個性も分かっておくと、世界における自分の個性の発揮の場所が見つかりやすいように思います。

1_20190604095409d7c.jpg
2019. 05. 14  
2012年と13年に毎月一回銀座でスタートさせ主催していた「テトラゼミ」。毎月世界の真実をニュートラルに話してくださる内容が、あまりにも面白い内容だったので、その後「テトラゼミ」は全国各地に広がり、今も各地で開催されています。

今回、18日土曜日に、久しぶりにテトラさんからお話を伺う会を麻布十番で主催します。内容は「メタフィクションとしての天皇制と、元号令和について」。テトラさんご自身が普段学校(京都造形芸術大学)でも、全国で開催しているテトラゼミでも話さない内容ということで、わくわくされておられる内容のようです。

タイトルは「言霊塾番外編」になっていますが、中身は言霊塾×テトラゼミ、といったものになります。

どなたもご参加可能です。あと5名ほどご参加いただけます。現場に足を運んでいただくと、双方向で進められ、質問もできます。後日録画視聴も可能です。

イベント詳細は、こちら

1_20190515211409024.jpg
2019. 04. 24  
何度お話しても面白くて熱が上がります。

日本中の人が古来から継承されている智慧を知って自己肯定感を高く持てたら(=自分を小さくみるのではなく、自らを自然に肯定して受け止められたら)、社会は幸せを実感し思いやりに溢れた人たちであふれる。と思い、幸せを実感し思いやりに溢れる社会や世界を見たくて、日本中の人たちに古来からの日常生活に浸透しているシンプルな智慧を届けたい、そのためにはどうしたらいいだろうか、と思いながら日々活動しています。

平成も残り6日となりました。

こんな節目の時代に生きる私たちは、この時代に、この国になぜ生まれたのでしょうか?

古来からある日本語を紐解くと、いにしえの時代からこの国の人はどのように世界を捉えてきたのか?を垣間見ることができます。

そして、それが今も無意識の中に継承されていることに気付けます。

『日本の心の教育』境野勝悟さんの書籍によると、かつて日本では太陽のことを「こんにちさん」と呼ぶ地域があったのだそうせす。

「こんにちは。元気ですか?」は「あなたは太陽のエネルギーが原因で生きている身体だということを良く知って、太陽さんと一緒にあかるくいきていますか?」の意味。

今日は言霊塾オンライン入門編の前半の部分でしたが、
「考えたこともなかった」「初めて聞いた」等の感想をいただきました。

明日は後半です。

言霊塾入門編、今後の予定は、以下の通りです。

5月26日(日)14:00~16:30 対面
https://www.hilali.co.jp/events/29ki-kotodamajuku-nyumonhen

6月12日(水)、19日(水)20:30~22:00 オンライン
https://www.hilali.co.jp/events/30ki-kotodamajuku-nyumonhen-1

7月6日(土)14:00~16:30 対面
https://www.hilali.co.jp/events/31ki-kotodamajuku-nyumonhen

夏休みは、親子向け言霊塾を開催の予定です。

1_201904250949454ef.jpg
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ