FC2ブログ
2019. 01. 25  
宇宙と言うのは本当にすごいことをしてくださっていて、この世に自分と同じ顔や性質の人間は、現在だけでなく、過去を見ても未来にもいないのですよね。

ということは、この世で唯一無二の自分を表現しないということ、あるいは押さえ込んだり、人に合わせようとしたりすることは、宇宙の法則に反しているということになります。

常に大宇宙や自然の法則を眺め、そこに沿う=自然に生きることこそが、私たちの生きる指針になることと思っています。

そういう意味で自分の本物であること、本物の自分を表現することは、自然なことであり、宇宙の法則に則っている、と言えますね。

ところが本当の自分が何を望んでいるのか分からなかったり、何を望んでいるのか内側に声を聴きにいかないままに世間や会社や周囲の声に踊らされたり従ったりして生きているという状況が見受けられます。

昨日はNLPコーチ養成コースでした。

コーチとは、その方の本心を自分自身で見つけ出し、選択して行動することを支援する役割です。

ということは、他者にそれを促すコーチこそが、自分自身のコアをしっかり掘り下げ、自分の本物であることを体現し続けることが求められます。

自分を内省し、見つめ、深める。自分を信頼し、チャレンジし、自分を承認する。

こうして自分にできたコミュニケーションの範囲が、他者にサポートできる範囲になります。

コーチに限らず、私たちが意義深い人生や生きる実感を持って日々を生きたいと願う時、必要なことは、自分の中にいつまでも湧き続ける源泉(コア)を掘り当てること。

源泉(コア)とは、自分である所以であり、情熱や、使命と言ってもいいと思います。

自分の本物であるとき、他者を見て、その人が本物かどうか、見抜けることでしょう。

自分が自分の本物になっていない時(コアを堀り当てていない時)他者が本物か偽物か見抜くことができません。

自分であることを最大に実践することこそが、一番コーチとして用意しておくことであり、それができているかできていないかが、プロとしてやっていけるかどうかの違いを生むことと思います。

そんなお話を昨日はしていました。

コーチングに限らず、自分の本物として生きている人は、本当に生き生きとされていて魅力的ですね。

私も日々自分を内省して、流されているところはないか、自分の本物として今選択できているか?自分を満たす選択ができているか?チェックを繰り返し軌道修正を心掛けています。

日々学ぶことばかりです。

1_20190125211005e1a.jpg
スポンサーサイト
2019. 01. 14  
第3期NLPコーチ養成コースが8日火曜日から始まりました。

今回からオンラインと対面を合わせた形での開催です。

誰から学んだ訳でもないのですが、自然とNLPで学んだこととコーチングを融合させて14年ほど実践してきました。

その内容をNLPをマスターまで学んだ方向けにお伝えし実践を重ねる少人数制のコースです。

型のない柔軟な関わりこそダイナミックなものを生みますね。

参加された方同士のセッションは、初回からとっても盛り上がっていました。

1_201901161227514c5.jpg
2018. 02. 14  
火曜日は、コーチの方々のNLPプラクティショナーコースでした。図らずも、同じ団体でコーチングを学んだ方ばかりが参加者なのです。

この日は、メタモデルとミルトンモデル、質問の本質、効果的な目標設定の箇所で、コーチにとっては(!!!)ツボなところです。

なぜこの質問が効果的なのか?を知る。

質問を受ける側としての体験。さまざまな角度から質問を受け、その度にどのようなインパクトを感じるのか?を感じ分ける。

面白い!楽しかった。時間が経つのがあっという間!

との感想で、質問のワークは皆、集中されていました。

コアクリエーションズのコースには、不思議といつもいい方ばかりが集ってくださるので、毎回私にとっても、楽しい時間なのです。

参加されたみなさん、ありがとうございます。

2_201802190903558b6.jpg
2015. 10. 19  
12066050_10207171450621733_6598939189020553332_n.jpg

人は、これまでに何十年も繰り返してきたパターンで物事を捉え、反応し、言動をすることが、全言動の9割以上を占めるのだそうです。
つまり、毎日朝起きて仕事に行って仕事をして、帰宅して寝る。というパターンがあるとしたら、その出勤という行動も、「次に何をしようか?」と立ち止まって考えなくてもぱっぱとできることと思います。
ぱっぱと、というのは、たとえ仕事に行くのが嫌だなとか、面倒だなと思うとしても、そう考えようと思わなくても、いつもそうした考えが脳裏に浮かぶということです。
私たち人間は、そうしたパターンに従って、物事を捉え、ある感情を持ち、瞬時にそれに対する反応をしています。
仕事における決断や、処理の仕方、コミュニケーションの取り方もそうです。
人生観や仕事観、お金の使い方、お金に対する考え方、男性観、女性観、などなど、挙げだすとキリがないくらいに、習慣化された物事の捉え方をしています。
もし、今何か辛いとか腹立たしいと感じているとしたら、それはあなたの物事の捉え方のパターンが、常にその感情を感じるようになっているからなのです。
あなたが悪いわけでも、そのパターンを埋め込んだ何者かが悪いわけでもないと思います。
どのようにしてそのパターンができたか?の説明は、ここでは割愛しますが、なぜそうなるのか?と問うのではなく(「なんでだろう?」と原因追求をするのも、世間一般的に広まっている思考パターンですね)、ここでは、パターンで反応してしまっていることに気づくことが、そこから抜け出す第一歩となります。
コーチングという関わりは、こうした思考パターンを外れた地点から物事を捉え、新たな視点で目標や課題を見つめることで、一人であれこれ考えるよりずっと早く効果的に、目的地に到達することをサポートする関わりです。
昨日NLPコーチ養成コースが終了しました。
受講された方々の、今後の成長に期待しています。
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ