2017. 10. 11  
先週末の3連休は、10年間続けてきた米国NLP協会認定プラクティショナー資格コースの公式開催最終日でした。
10年間、コツコツほぼ年2回ずつ、開催してきました。
それも、参加して下さる方々があってこそです。だから、私はNLPトレーナーをすることができました。
10年前の9月に、コースの初日の朝、会場のドアを開けて、まだ誰もいない、円に並んでいる椅子とホワイトボードだけが置かれている部屋を見た時、
「これが私の進んで行く道なんだ!」
とそれまでの緊張も吹き飛び、空間に祝福されているような、歓迎されているような感覚を覚えたのを思い出します。
あれからもう10年。どれほど多くの方々のおかげで、NLPを伝え続けられたかわかりません。
本当にありがとうございます。
今回の期に参加されたみなさんは、最後にぱーっと、または、はらっと、何かが剥がれ落ちて、ピカーっとキラキラされて、✨驚きました。
もともと持っておられたものが一層美しくなって、なんとも感激でした。
これからも、コアを目覚めさせ続けて、日々を過ごして行きたいものです。
今回参加された皆様、これまで10年間NLP関連でお世話になった皆々様、ありがとうございます!
そして、感慨深いのもつかの間、リクエスト平日コースが、11月20日から始まります。
こちらは、もともとリクエストがあって開催するものですが、参加されたい方はどなたでもお越しいただけます。
ご興味あれば、コメント欄のリンクをご覧ください。
11月からは、プラクティショナーコースのもう一つ上の、マスタープラクティショナーコースが始まります。
これら全部が終わったら、本当に完了ですね。
そしてNLPコースを完了した後は、新しい編成で、グレートターニングの時代を生きるための知恵を体得するコースを始めます。
来年春頃を目処にご案内できるよう、準備して行きます。

22405536_10213662121684453_6787020447048991517_n.jpg

2_20171013094515a89.jpg
スポンサーサイト
2017. 09. 11  
私たちが「自分が変わった」と思う時、無意識レベルで2つのことが変わっていると言われます。
1つが「脳内のイメージ」。
もう1つが「視点、捉え方」です。
「肩の荷が降りた」
「視界がパーっと明るくなった」「霧が晴れた」
という言葉にある通り、実際に肩の上に何かが乗っている訳ではないのに、ホッとした時、責任から解放された時などにこうした言い方をしますね。
実際に霧の天候だったわけではないのにこうした表現をしますよね。
これが1の「脳内イメージ」です。
2つ目の「視点、捉え方」は次のようです。
「大問題だと思っていたが、実は変化するきっかけを作ってくれた出来事だった。」
とか
「クレームが来たと思ったが、見方を変えれば、ファンでいてくれるからこその叱咤激励だった。」
などです。
そして私たちが変化したいと思う時、「わかっちゃいるけどできない」ということがありますが、こうした時に、脳内イメージ、または捉え方のどちらかを変えることで、気の持ちようを切り替えることができます。
気の持ちよう、自分のコンディション次第で持っている能力を、その時発揮できるかどうか影響を受けますよね。
緊張感を取りたい時、自然体になりたい時に、いつでもこの2点のいずれかを変えられればいいということになります。
同時に病は氣から、とも言いますが、気持ちが前向きでいることで、もともと備わっている自然治癒力が引き出されるし、高められます。
週末は、NLPプラクティショナーコース、コンシャスリリースメソッド基礎コースを開催していました。
参加されている方同士の知恵や体験、気づきのシェア、分かち合いが学びと成長を一層加速していました。
講師、トレーナーから一方的に学ぶのではなく、互いに学び合うのが最高ですね。
こちらと同じNLPのコース、リクエストをいただき平日コースが10月2日月曜日から始まります。
参加された方(本間玲子さん)の感想を貼付しました。

残席わずかですがあります。ご興味ありましたら、こちらご覧ください。
2017. 08. 20  
無意識はいつも私たちのために最善を尽くしてくれている。
ちょっと勘違いして頑張っていることもあって、それは困った行動の習慣として出てくる。
夜更かし、間食、食べ過ぎのみ過ぎ、一言多い、お酒や喫煙など。。
そこで、何を大切にしたいのか?無意識と対話できるようになると、その行動が収まっていく。
自然豊かな水輪の地で、頭で考えることをお休みして、無意識に話しかけて答えをもらうワークをしました。
いい状態をいつでも思い出せるような、センターにつながるワークと、やる気スイッチの作成をしました。
質問はいつもパワフルに私たちの思考を活性化してくれます。質の高い質問を自分にする。
色々学んで、水輪でのたくさんの無農薬野菜の命たちに触れて、ゆったりのんびり、豊かな2日間でした。
ゆるみすぎて、寝そべったりしながら過ごしましたよ。
参加された皆さん同士の知恵の交換も進んでいました。
私も緩んで眠いので、今日は早く寝ます。

1_20170823111714883.jpg

2_20170823111715e5e.jpg

3_20170823111716a55.jpg

4_20170823111718cda.jpg

5_201708231117199d6.jpg

2017. 08. 08  
昨日6日に、コアクリエーションズ主催13回目のNLPプラクティショナーコースが修了しました。
この学びをマネジメントに、指導育成の場面に、対人支援に、コーチングに、経営に、子育てにとさまざまに活かされている事例を聞くにつけ、素材を与えられた時の活かし方の個性の違いとクリエイティビティを感じました。
初めから大人な雰囲気の中に元気さを感じる期でした。好奇心がいっぱい、実践者もいっぱい、無意識に委ねる人大勢。
「はずみの原理」という、初めはそれほど成果を感じないけれど、コツコツ続けることによって、ある時ググッと成長が訪れる。とされる成長の原理があります。
まさにそのような形で、チームとしてグッと深まリ気づきが深まる、仲のいい期でした。
参加された皆様、ありがとうございました。

1_201708081422132c1.jpg

2_20170808142214fb0.jpg
2017. 07. 30  
この土日は、コンシャス・リリース・メソッド基礎(NLPプラクティショナー)コース第9期、第2講を開催していました。今回は、リリースパーソンと呼ばれるアシスタントの方も含めて、13人全員女性なのです。
この2日間は、対人コミュニケーションについてワークをしましたが、それはそれは華やかで、話し出したら2人ずつのペアが盛り上がって止まらない様子でした。
心の内側で体験するイメージは、変えることができる。
望ましいもの、望ましくないものそれぞれイメージの中で、適切に距離をとることで、自分の状態を整える。
そして、交渉ごとを最もエレガントに平和的にしかも、こちらの主張を通し相手も尊重する秘訣を体験。
ペアのワークも本音で深くて、ありのままで、嫌な自分も出せる。だんだん場が深まって行く時間でした。
次回は長野の気がいいリトリートセンターで合宿。
どんな風に場が深まるのかまた楽しみです。

20429789_10213075443137856_1658951196507564884_n.jpg
プロフィール

コア・クリエーションズ 大江亞紀香

Author:コア・クリエーションズ 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ