FC2ブログ
2020. 01. 21  
2月に開催するワークショップ会場の下見に行ってきました。逗子からバスに乗って15分。
古民家をリノベーションした素敵なカフェでした。

東京からのモードで行ったら、本当にのんびりした気に満たされて葉山。一気に緩みました。

オーナーさんも素敵で、ランチもデザートも美しく美味しくて、とってもいいところでした。
2/22、23日(土日)にギフトシードの旅というワークショップで利用させていただきます。

火曜日から金曜日17:00まで営業されているそうですよ。良かったら行ってみてくださいね。

1_20200122211821047.jpg

2_2020012221182241f.jpg

3_202001222118246bb.jpg

4_20200122211825be1.jpg

5_20200122211827061.jpg
スポンサーサイト



2020. 01. 18  
今日は雪がしんしんと降る様を見ることができました。寒くてなぜかほっとして、やっと冬らしくなってきたなあ、なんて思い、雪を眺めてちょっと嬉しい気持ちになりながら、 16回目のリーダーのための言霊塾 初伝、1日目を過ごしました。
言葉の持つ力を色々な角度から知って、日常やビジネスに活かしていきます。

古事記冒頭文の秘められた意味。五十音の本当のチカラ。人生を好転させる秘密。

母音を声に出したり、祝詞を唱えたり、神話から紐解く世界各国の世界観の無意識レベルにある違いに触れて、他国の人たちとどのように関わると良いのか?を理解したり
具体的にリーダーとして周りの人にどのように声をかけると効果的なのか?を学んだり。大和言葉を知って使うことの意義を知ったり。

色々な角度から、言霊を解体し理解し自分の力にしていきます。

日本にはつい先日まで、分離の感覚がなかったり、見えないものを敬う気持ちや森羅万象やご先祖様とのつながりを感じていたこと。それらを古来からある言葉から紐解いたり、体感的に腑に落としたりしていきます。

2015年からスタートして、年3回ずつくらいのペースで開催してきました。

伝えたいことが多すぎて、私自身が息が切れそうです。参加される方の体験談なども伺いながら進める初伝は、本当に楽しくて仕方がないです。

2日間と言わず、もう少し長めの日程が必要かも知れないと思いつつ。明日も楽しみです。

初伝の前に2、5時間版で体験できる入門編は
2/11(祝)14:00 〜開催します。詳細はこちら

1_20200120092925ee6.jpg

2_20200120092927d07.jpg
2020. 01. 17  
数日前に一部の方々にお尋ねした上記質問に対し、興味深い世界の事例を知ることができました。ご協力くださいました皆様ありがとうございます。その一部をご紹介します。

※カナダ、バンクーバー郊外には、日本人の親を持っていない子供たち向けの日本語学校があるそうです。
小学生から高校生を対象に週一でクラスが持たれているとのこと。この子たちは、日本のアニメや漫画に魅了されて、英訳なしで見たい、原文で読みたいという理由で学んでいるのだそうです。

※日本にある唐時代の骨董品が中国の人によって高額で買い戻されているとのこと。中国国内のニュースで流れていたそうです。
日本には中国が失ってしまったものが残されていると言う理由から、日本文化に興味を持つ人もいるようです。

※今、カナダ、バンクーバーのアニメコンベンションで1番の人気が「鬼滅の刃」で、これらはTVではなく、ネットフリックスのようなサイトで放送されていて、英語のサブタイトルでみんな見るのだそうです。
その他に「ワンピース、ナルト、鋼の錬金術師、ブリーチ」などが人気みたいです。

※イギリス フィンドホーンには、Shinrin-Yoku
森林浴 というワードがあるそうです。(サイトはこちら)

聞いてみて、現地の人の声だからこそ知ることができる情報が色々あり、興味深かったです。

個人的に一番嬉しかったのは、
「意味はわからないがローマ字表記された日本語の音や発音が心地よかったから」「漢字に興味を持った」という傾向の理由です。

「そうでしょ?」と言いたいくらい、日本語の音は、心地いいですよね!(同意を押し付けてますね;)

引き続き、お仕事や生活のためという理由以外で外国に住みながら日本語を勉強している人の学ぼうと思った動機についての情報をお待ちしております!

日本語の美しさや古来からある言葉「こんにちは」「行ってきます」「お母さん」などの語源を紐解き世界観を知り、日本文化の美点を知って自分の力にする。リーダーとして言霊を響かせることができる人になる「リーダーのための言霊塾」入門編は、2月11日1 4:00 〜開催します。詳細はこちら

写真は、東大寺二月堂からの眺めです。

1_2020012009231162b.jpg
2020. 01. 12  
年末に訪れた竜安寺。石庭に座っていたら自然と氣が鎮まりました。庭の裏手に「吾唯足知」のつくばいがありました。

この週末はNLPのマスターコースです。脳科学の裏づけを元に、人間を理解した後は大自然と宇宙の法則性から人間、自分を理解していきます。

先人たちの知恵は本当に素晴らしいし本質の探究はどこまでも深く遠く続きますね。

生身の自分たち同士で出会い、互いに学び合う。土曜日はリーダーシップがテーマ。今日はプレゼンテーションがテーマです。

生き生き、ゲラゲラ、しーん、ずーん。ずきっとしたりしながら、

一番外せないポイントをNLPの観点から押さえつつ、NLPの枠組みや自分の枠を壊して自由になっていきます。

足るを知る。を心に据えて、参加されているリーダーの方々と、学びの旅を楽しむ。

NLPの基礎コースは6月6日スタートです。

1_20200114202710c2f.jpg

2_202001142027110f2.jpg

3_202001142027129d7.jpg
2020. 01. 09  
今日は、とある方からインタビューを受けていました。
「どんな方に何を伝えたいか?」
「どんな方にセミナーや講座に来ていただきたいと思っているか?」
「社会に対する思いは?」などです。

私は、「人生は思い込み」「人生は捉え方次第」だと思っています。
だから自分の可能性を狭くする思い込みは外し、自らのコアを目覚めさせ、コアを響かせ、楽しみながらひらりと人生をシフトさせよう。

と伝えたくて、自分が変化した喜びを分かち合いたくて、あらゆる今のサービス提供をしています。

誰かや社会、組織、お客様の期待に応えられることは、有能で思いやりのあることで、それ自体素晴らしいことだと思います。しかし、それが自分の喜びからかけ離れているとしたら、生き方そのものを一考し直す余地があると思います。

期待に応える生き方から、楽しむ生き方へのシフト。
恐れからではなく、喜びから生きる生き方へのシフト。

『ライ麦畑でつかまえて』で作者サリンジャーは主人公ホールデンに「自分はライ麦畑の捕まえ人」だと言わせていますが、私は自分のことを「こころのシフト促し人」だと思っています。

変化の時代に生まれ合わせた私たちは、社会システムの変化にも、地球環境の変化に対しても、誰もが心をシフトさせる必要があると思うのです。

人生自分次第。
起こる出来事に反応的に生きるのではなく
選択し、対応できる賢明さを持つ

そのための脳の仕組み、脳と言葉の使い方をNLP心理学を土台にしたセミナーや「リーダーのための言霊塾」でご紹介しています。

心の平和は自分で作ることができる。
自己肯定感は、自分で育むことができる。
何才からでも、自分を変えることができる。

楽しみながら軽やかに次のステージへ

そして、この時代にこの国に生まれ日本語を話している人に共通の使命があると思っています。

その点について話し始めるとぐっと熱がこもりモードが切り替わってしまいます。セミナーの参加者の方から「あ、スイッチ入った」と分かるほどのようです。

リーダーのための言霊塾、好評連続開催中です。
第35期の入門編は2月11日(祝・火)14:00~16:30
国際文化会館です。

心のシフトを促したい人
日本ってどういう国かを外国の人や次世代に伝える言葉を持ちたい方
古来からある日本語を紐解き、古来からの世界観を知りたい方
言葉・言霊の有効な使い方を知りたい方
自信を深めたい方
に有効です。

人生捉え方次第だということや、「思い込み」などに気付いたり共感したりして頂けることと思います。

詳細はこちら

1_202001142023018a5.jpg
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ