fc2ブログ
2022. 06. 21  
50回目、修了しました✨ありがとうございます。

本来は小学校1年生の授業で聴きたかった。と思う内容のことをできるだけ多くの方と分かち合いたいと思って活動をしています。

2007年頃に「世界に対して日本がリーダーシップを発揮する時だ」と感じ始め、2010年から2016年頃まで「日本を感じる会」(日本について知っていることを話すのではなく、感じていることを語り合う)対話の会を主催していました。2012年から日本の精神文化を知るセミナーを開始し、2015年から「リーダーのための言霊塾」というタイトルに変えて、開催してきました。この「リーダーのための言霊塾 入門編」が50回になりました。
このほかにも、カナダ・バンクーバーや、アメリカ・バークレーでも行わせていただいたり、企業研修の文脈で実施させていただいたり、NPO働く場研究所さんや、人財ラボさんなど、様々な場でも機会を頂いてきましたが、ひらり主催では50回目という節目になりました。

参加する方がいてくださったからこその賜物です。ありがとうございます。
ご参加いただいた皆様のご感想を紹介いたします。

―――――――――――
「日本はなる!という言葉を聴いて、これからへの希望を感じました!今周りの外国に比べて、日本の経済成長は鈍化しておりますが、今整いつつあるインターネットのサービスを次は日本人の強みを活かして、さらに良いものにしていこうと改めて想いました!
それ以外も日本語の意味などが本当に深く、これから学び、そして次の世代につなげていく必要があるなと強く感じました!
大江さん!本当に素敵な時間を提供してくださり、ありがとうございます! 大江さんの話を聴けば聴くほど日本人の誇りを感じられました!
そして何より、この大江さんの想いや日本人としての誇りを芽生えさせる日本の歴史は私も人生をかけて、届けていきたいと感じました!
これからもどうぞよろしくお願いいたします!本当に本日は最高の3時間をありがとうございました!」
<佐藤俊之様 会社員 20代>
―――――――――――
「祖先や先人の方々への感謝の念が溢れました。もっと知りたいです。学びたいです。」<かずちゃん様 60代>
―――――――――――
「まずもって、私たちが普段当たり前に使っている挨拶の言葉に本当に素晴らしい意味が込められていることに感動しました。毎日そんな有難い言葉を使えているなんて私たちは幸せですね。
ご先祖様の時代の方達に深く感謝しました。そして、本当に日本は「愛」の国だと思いました。
いかなる時もいかなる状況でも他人のことを考え、自分達ができる精一杯のことを見返りなく実践してきた素晴らしい人種なんだっていうことを今日改めて学びました。
途中、何回か涙が出てきました。真のリーダーとは、自らが誠意で動く、お手本となる人なんでしょうね。
これが本当にservant leadershipなのでは?と思いました。日本人に生まれて良かったです。そして、こういう歴史をもっと多くの方に知ってほしいと本当に思っています。
あきこさんのお話、内容、お話しの仕方、どれもとても素晴らしかったです。そして、とても分かりやすかったです。
お話しを伺いながら、その当時の様子が目に浮かぶようで、より臨場感を感じ、胸に響くことがたくさんありました。
そして、これからは改めて言葉一つ一つを大切にして使っていきたいと思いました。今日は本当に素敵な時間、学びを有難うございました!」<N.M.様 個人事業主 50代>
―――――――――――
「言霊の力は凄いな、と再認識しました。日本に生まれて感謝してます。これからも有意義なセミナーを宜しくお願いします。」
<テツワン様 会社経営 60代>
―――――――――――
「世界がみている日本の魅力や価値観と私たち日本人が思い込んでいる日本のギャップの大きさに改めて気づかされました。
まずは正しく自国を知ること。やはり神話を学ぶことの重要性を痛感しました。
知ることで自動的に自己肯定感はあげあげになりますね。「大いなるものに任せきって生きていたので、底抜けに明るい根あかの民族だった」まさに、これだなあと感じています。
こんなに素晴らしい内容で3時間も。
参加できて本当に良かったです。
今後も、日本のすばらしさ、日本ってこんな国、海外に向けてますます発信していかれることと思います。
さらに楽しみにしています。」
<山口美喜様 自営業 60代>
―――――――――――
「何度も再参加しながら、またじわりと心の奥に届き、熱い気持ちになりました。
ご先祖様の在り方の答え合わせをするようで、「清明心」を思い出させていただき、気持ちが晴れやかになりました!
そして、マハティールさんの『立ち上がれ日本人』のお話、何度聞いても涙が出てきて感動します。この熱があるうちに、熟読したいと思います。
大事な時間をありがとうございました。
いつの間にか忘れていた日本人としての誇りを思い出し、生きる勇気がわいてくるようでした。
この講座をたくさんの方に伝わってくことを願ってやみません。
これからもご活躍を心より応援しています!」
<山道紀子様 自営業 30代>
―――――――――――
「「今日本に生まれた人が皆リーダーである」という言葉が染み入りました。まずは「知る」。そして「伝える」。このいい循環を僕も広げていきます。
とても穏やかな口調の中に、凛とした精神の強さを感じ、「これが日本の強さ」だなと(笑)感じさせていただきました。」
<前田大介様 自営業 40代>

次回の「リーダーのための言霊塾 入門編」は、
前編 8月31日(水)20:00~21:30 後編9月 7日(水)20:00~21:30です。2日間に分けて開催します。

詳細はこちら✨
https://www.facebook.com/events/720003929228370/720003939228369/

220621.jpg
スポンサーサイト



2022. 06. 20  
NLPコーチ養成コース

全10回中、4回目が終わりました。
自分の可能性をどれほど大きく広げて信じていられるか?で、クライアントの可能性を信じる幅が変わります。
クライアント(コーチングを受ける方)は、コーチが自分のまだ見ぬ可能性をどこまで信じてくれているか?を言外に察知します。
私にも経験があります。ああ、このコーチにはここまでしか言わない方がいいな。と。
するとクライアントが伸びやかに自分の未来への可能性を広げて語ったり想像したりできなくなります。

ですので、コーチが準備するべきことは、コーチングスキルを磨くだけではなく、自分をどこまで信頼できるか?拡大できるか?
自尊感情をどこまでも深め広げておくことも大事だなあと思うのです。

では、どのようにしたら自尊感情(自己肯定感、自信と言ってもいいです)を深め、高め、広げられるのか?
私が経験したいくつかのアイデアを出しつつ、参加されている方々にも考えていただきました。

スキルが素晴らしくなくても、依頼が絶えないコーチがいます。
気の利いた質問が出て来なくても、クライアントが可能性を広げてその人そのものの人生を歩む人を何人も支援しているコーチがいます。
もちろん、両方を兼ね備えた方も、多く知っています。

人間性の根本を、磨き高めたいと思います。

写真はひらりファームのトマトです✨


22062002_2.jpg
2022. 06. 14  
夫婦という関係を磨いていくこと

「世間一般の人が見るのは表面に表れた形である。しかし、立派な人が問題とするのは心の在り方である。
立派な人が重んじるのは人徳であって、才能ではない。実際の行いであり、実際には役に立たない理論ではない。」                                 
                吉田松陰

毎月恒例『新釈古事記伝』読書会でした。
今読んでいるのは夫婦間の関係性を磨き高めようと向き合い心を遣いあうことの件です。

家庭と国家はいずれも「家」と書きます。最も小さい単位で何が起こっているか?
が相似形で大きな世界をも作り出します。

「他人に変わって欲しければ、自ら率先して変化の原動力となれ。」とガンジーは言っていますね。

機嫌よくしていると、ますます機嫌がよくなるような出来事が起こってきますね。

何か日常の仕事やそれ以外で問題が起こった時には、関係を見直す時だとして、実際に夫婦関係を磨き高めることにしっかりと向き合った体験談を伺って、この作品の理解が一層深まりました。

今月参加された皆さんありがとうございました。✨

220615_2.jpg
2022. 06. 08  
落ち込んでいる人を励ますための声のかけ方

小学生の頃からずっと、「どうしたらいいんだろう?」と疑問のままだったことは、落ち込んでいる友達をどうしたら励ませるのか?ということでした。

泣いている友達に「泣かないで。」と言っても泣き止んでくれませんでした。ただ、黙ってその場にいることしかできませんでした。高校生、大学生、社会人になっても、この疑問に適切な解は得られませんでした。

それが、30歳を過ぎてNLP心理学に出会った時に、ひとつの光明を得たのです。

NLP心理学は、1970年代に当時天才と言われていたカウンセラーの手法をモデリングしたことが始まりです。
モデリングされた3人の天才的心理療法家の内の一人、ミルトンエリクソンの相手を心から尊重する在り方を土台にした言葉の使い方に出会った時に、自信を無くした人、落ち込んでいる人、やる気をなくした人に、前に向かって頂くためのちょっとしたきっかけをつくることができると分かりました。

もちろん前に向かっていくことも、元気になるのも、最終的にはご本人にしかできないことです。

しかし、傍にいる者として、そのきっかけを作ることはできる。

今日はNLP心理学を学ばれた方々限定の復習勉強会でした。
また、学びに磨きをかけて、日常につかえる形でお持ち帰りいただけたとしたら、嬉しいです。

私たちは、自分を満たし、周囲を明るくし、支え合い刺激を与えあい、心と心がつながり合うことで、豊かな毎日を送っていくことができる存在なんですよね。

そんなコミュニケーションを、日々取っていたいと思います。
参加された皆さん、ありがとうございました。

220608.jpg
2022. 06. 07  
東西文明の交代期には、〇〇に戻る

文明法則史学という学問を作られた村山節先生(~2002年)によると、1975年からの100年間は、東西文明の交代期であるのだそうです。この交代期には、社会情勢が不安定になったり、人の心が乱れたりするなど、世界史激変の転換期とされています。
そして、文明の周期を見て行くと、今この時代は日本が世界文明の中心となる時期なのだそうです。
私たち世代は、まさにこの真っただ中に生を受けたと言えます。
こうした転換期には、原点回帰が起こるのだそうです。

日本の原点というと、古事記。古事記の中でも冒頭文には、宇宙の始まり、地球の成立、人間の使命が描かれていると言われます。
私たち人間の意思が宇宙、地球、世界を作っている、と聞くと、どのように感じますか?

先日、絵本『やまとことば神話』を読み語りをする言伝師養成講座が修了し、また新しい言伝師の方々が誕生しました。

今という時代を大局から眺め、この時代にこの国に生まれた意味を実感しながら、この時代の転換期をよりよく人が生きる道へと進めて行きたいものです。その頼もしいお仲間の方々がまた増えました。

様々な面で、聡い方々と学び合い刺激し合い、連携し合って前進したいと思います。

言伝師になられた皆さん、おめでとうございます。これからどうぞよろしくお願いいたします✨


220608_2.jpg
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ