2018. 04. 09  
昨日は、標題セミナ―を開催していました。株式会社ひらり主催、初のセミナーです。

さり気なく、相手の中に眠る潜在力や意欲、前に向かう力を引き出して差し上げられたら、素敵ですよね。

上司や講師の立場の方にも、そうした方々へ研修等で指導される方にも、子育て中の方にも、それぞれに有効な関わり方をご紹介していました。

最後のワークでは、場の空気がすっと変わって、お互いに自分の潜在意識に持っていたい信念、自信になる言葉を投げかけ合っていただきました。

心が平安に、揺るぎない状態になると、周囲にもその空気感がもたらされますね。参加されている方々の和気あいあいとした感じや、周りの方を支援したい思い、接する方の成長をサポートしたいという意欲がいっぱいで、嬉しく心地のいい時間でした。

お庭の美しい会場で、駅から会場に行くまでにある十番稲荷は、3月24日には満開だった桜が、昨日はすっかり新緑になっていました。

爽やかな、温かな、楽しい一日でした。お越しいただいた皆様、ありがとうございます!

5_20180413104836576.jpg

6_20180413105136a23.jpg

7_201804131051374ff.jpg

8_201804131051396d6.jpg

9_20180413105140fe6.jpg
スポンサーサイト
2018. 04. 07  
持続可能で平和な社会の実現に向けて、一般社団法人ワールドシフト・ネットワークジャパンで活動をしています。

ワールドシフトとは、我々は今、文明の転換期にある。とし、ワールドシフトを起こすには、一人ひとりが自分の持ち場で、専門領域で主体的にシフトを起こすことが重要だと言っています。

提唱者はノーベル平和賞候補者でブタペストクラブ代表のアーヴィン・ラズロ博士です。

このワールドシフトの世界観を端的に楽しみながら体験し理解できるのがSDGsゲームです。

4月10日火曜日夜は、ワールドシフト・ネットワークジャパンの主催でSDGsゲームを開催します。

「ワールドシフト×SDGsゲーム~カードで遊んで世界を学ぶ~」

いま世界がどのようになっているのか?を理解するために、どなたも一度はご体験頂きたいと思っています。

社会を構成する一員であるあなたに、ぜひお越し頂きたいです。一度参加されても、メンバーが違うとまた違う気付きがあります。二度、三度と参加されてみることをお勧めします。

詳細はこちら

2_20180413104831774.jpg

3_20180413104833fee.jpg

4_2018041310483411d.jpg

2018. 04. 07  
「株式会社ひらり」設立日のセミナーは、築地本願寺GINZAサロンでの「ビジネスパーソンのための感情との付き合い方」でした。

否定的な感情は厄介なものと捉えがちですが、実は無意識からのメッセージです。新しい靴が足の形にあわないとき、靴擦れができて痛くなりますよね。身体は痛いというサインを通して、靴のサイズが違うよ、と教えてくれています。

否定的な感情もそれと同じで、何らかの情報をくれています。
無意識には言葉がないので、赤ちゃんや動物たちのように、泣き(鳴き)声やその他の方法で伝えるしかないのです。

ですので、否定的な気持ちが湧いてきたら、赤ちゃんやペットが泣いて(鳴いて)いる時に「どうしたのかな?」散歩したいのかな?抱っこしてほしいのかな?おなかが空いたのかな?とニーズを探すように、自分の心の深いところで求めているニーズを汲み取るようにして見ていただくことをお勧めします。

感情が動いている時、その奥にはニーズが存在し、満たしたい欲求があります。何かがマッチしていないよ、ということかもしれないし、大事にしたいものが大事にされていないよ、ということかもしれません。

丁寧にその感情を見つめる、耳を傾けることをすると、不要な思い込みによってつらく感じていることに気付く場合もあります。

例えば、「何事も完璧にできていなければいけない」という思い込みを持った人がちょっとした失敗をしてしまったら、「取り返しのつかない失敗をしてしまった!」と落ち込むかもしれません。しかし、「失敗しながら人は学ぶもの」という思い込みを持った人は、「これで一つ勉強になった。」と思いますます意欲を高めている場合もあるでしょう。

感情が動いた時には、こうした自分の大事にしたいものや不要な思い込みに気付くチャンスです。

その気持ちを紛らわそうとして飲みに行ったりカラオケに行ったり運動したりするのも一つの方法ですが、たまにはこうして心を見つめてみるのも、自己成長の機会になりますし、こうした感情が繰り返し訪れなくなるチャンスでもあります。

また、自分の潜在意識と対話するのも効果的です。潜在意識と対話するのは少し技術が必要ですので、10日間ほどのコースにご参加いただく必要がありますが、一昨日の2時間講座では、気持ちの切り替え方を実践的に持って帰っていただきました。

気持ちを変えるには、気合や意志の力ではなく、身体、表情、内的イメージを扱う方が有効です。

築地本願寺さんでの講座は、ビジネスパーソンのみならず、既に退職された方など幅広い年代の方がともに学び合う場となっており、世代を超えた智慧の分かち合いが起こっていて好きです。

講座にいらした皆様、ありがとうございました。
次回の築地本願寺、銀座サロンさんでの講座は5月9日水曜日、楽観思考トレーニングです。

1_201804131048308a7.jpg

2018. 03. 22  
20日は、SMBCコンサルティングにて、「ストレスマネジメント」と「女性社員のリーダーシップ」について、セミナーを行っていました。

「ストレスマネジメント」は70名の定員いっぱいで、いかにこの点において働く人の関心が高いか?を思わされました。

「女性社員のリーダーシップ」は、2年前には男性も参加されており「女性のみならず男性にも必要な内容ですね!」と喜んでおられたことを思い出します。

要は、自分の持ち味をいかに発揮するか?なんですが、一般的にリーダーシップという言葉にまつわるイメージで自分を「~であらねば」で縛り、「でもそれができない」という葛藤を持っていることが多いのです。

リーダーとは何をする存在か?、「人を目的に導く」という一点さえ押さえることができれば、あとは何万通りものリーダーシップの発揮の仕方が合っていいのだと思います。

ストレスマネジメントも、自分らしいリーダーシップの発揮の仕方も、アタマで考えるのではなく、身体からのアプローチや自然に自分が発揮している力に気付いてより活かしていくことが、実は自分にも周りにも無理なく、一番の近道としてあることと思います。

先日お会いした皆様、ありがとうございました。

29472627_10215015894087917_2133514588992307200_n.jpg
2018. 03. 13  
週末に開催した「リーダーのための言霊塾 初伝」(3時間の入門編の続編)に参加されたSOLさんの感想がブログにアップされていますのでシェアします。

「日本人に生まれて幸せ!」と思うだけでいい

少しずつ生まれ育った地域や年齢が違う人たちで集ってどんな文化を受け継いでいるか?や、やまとことばについて対話するとき、「日本文化」が立体的に浮かび上がってきます。SOLさんの年代の方の存在も、日本文化を理解するのに厚みが生まれました。

私たちは、豊かなものを持って生まれていますから、付け足すものは何もないんだと思います。ただ、上にかぶさってしまった「べき」「ねばならない」「常識」という名の思い込みを外すだけでいいんだと思います。

そうしたら、先人からの本当に連綿と続く豊かな知恵が既に十分に受け継がれていることも、自分にしかないオリジナルな個性も、あふれるほど持っていることに気付くんだろうと思います。あるいは、溢れ出すんだろうと思います。

プロフィール

コア・クリエーションズ 大江亞紀香

Author:コア・クリエーションズ 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ