FC2ブログ
2013. 05. 08  
テトラゼミ「イルカはなぜ英語を覚えないのか?イルカの意識と人間の意識」


今夜のテトラゼミ
大脳生理学者第一人者ジョンCリリー博士の
イルカの研究から始まりました。

海洋哺乳類は深い変性意識状態にある
(メディテーションをしている)のではないかという説、
リリー博士の元で文化人類学者グレゴリー・ベイトソンも
研究していたというつながり、
高次の自己の存在、インターネット普及の20年前から
「脳は巨大なネットワークの一部だ」と仮定しているなど、
例月にも劣らず本当に興味深い内容でした。

いずれにせよ、何かを極めた学者さんたちは、
科学の証明できない領域の何かに気づき、
その方なりの仮説やスピリチュアルとでもいうべき体験を
持っているのだなと改めて思いました。

次回は5月13日、テーマは「象徴哲学とフリーメイソン」です。
  
  
  
  
スポンサーサイト



2013. 04. 02  
谷崎テトラさんから、次回の案内文が届きました。

脳生理学からも、テレパシー高次の生命という観点からも、
面白そうです!

ーーーーーーーーーーーーー

次回は4/8(月)
テーマ:
「なぜイルカは英語をしゃべれないのか~意識のメタプログラム」

今回のテトラゼミは「イルカと人間」を題材に
「脳と意識とこころ」についてお話します。

僕は1992年、第一回国際イルカクジラ会議に参加し、
そこでイルカの研究者で大脳生理学
ジョン・C・リリー博士に出会いました。
そこからドキュメンタリー作品「イルカと人間」が生まれました。
博士から直接きいたイルカと人間の交流の話、
イルカと人間の脳の違い、コミュニケーションの未来、
そして意識のメタプログラミングのお話をさせていただきます。

博士の研究によるとイルカの脳は人間より
はるかに複雑で高度なんだそうです。
だったらイルカと人間は話ができるようになるかもしれない。
そう考えた博士はイルカとの会話を試みはじめます。
そしてドキュメンタリー作品「イルカと人間」が生まれ、
僕はその日本版の制作をすることになりました。
博士は研究のなかで人間の脳の秘密、
テレパシーや生命進化の可能性について驚きの発見をしていきます。

ジョン・C・リリー博士の研究を題材に
「脳と意識とこころ」について、
最後は仮説としての宇宙人(人間より高次の生命体)との交信の話もします。
生命の秘密、人類の可能性について語ります。

*僕のページにはもう少し詳細を参考動画をリンクさせて木曜日に掲載予定です。

ーーーーーーーーーーーーーー

詳細・お申し込みは以下です。

テトラ・ゼミ ニューブリード人間学  ~進化のための情報航海術~
https://www.facebook.com/tetorazemi
  
  
  
  
2013. 04. 01  
毎月恒例テトラゼミ、4月は来週8日(月)

テーマは
イルカはなぜ英語を覚えないのか?イルカの意識と人間の意識」

今年のテトラゼミは、ぐっと面白くなっていますね。とは、
先月参加された方の感想です。

テトラさんもこのテーマを紹介されることを
とても楽しみにされています。
何が飛び出すのか、楽しみですね!

詳細は「テトラゼミ・ニューブリード人間学」のページを
ご覧ください。

テトラ・ゼミ ニューブリード人間学  ~進化のための情報航海術~
https://www.facebook.com/tetorazemi
  
  
  
  
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ