2016. 09. 24  
今日は、夫婦で外苑前にあるワタリウム美術館へ行きました。ここは、毎回気鋭のアーティストの方々の作品を鑑賞でき、面白くて視界が開かれる気持ちがします。
今日は、ビデオアートのパイオニア、ナムジュン・パイクさんの展示でした。動画、音、水槽、炎を活用した斬新な表現世界。思わず吹き出すようなユーモラスなものもあり、オノマトペや言葉を駆使したものもあり、興味深いです。
鑑賞が終わったあとは、ワタリウム美術館を運営されているお一人、月待ち講のご縁でお目にかかった和多利 月子さんとお茶しました。
ワタリウム美術館のカフェも、ミュージアムショップも、充実していて、居心地が良いです。
チラシの上の黄色いお花は、ソーラーランプ。太陽光発電の懐中電灯です。軽くて首から下げられるようになっていて、便利。そして、地球上の電気が通らないところでも夜に明かりを灯せるよう、お金の流れも仕組み化されています。
アートでソーシャルですね。
月子さん、お付き合いいただきありがとうございました!

14364701_10209955459100205_399253356874299890_n.jpg

14368689_10209955459460214_1099140401066228522_n.jpg
スポンサーサイト
2016. 09. 24  
昨夜は、月待ち講でした。
参加が4回目となり、少人数だったこともあり、いろいろな話題が広がり、深まりました。
大人の女性の対話。様々な背景を持つ存在の濃い方々と共に過ごす時間。偶然に見えて必然の出来事。
今回も貴重な体験となりました。ありがとうございます。

14469669_10209954849444964_1196982465080372430_n.jpg
2016. 09. 23  
言えないと、教養のない人だと思われるそうですね。
25日日曜日13:30〜
日本古来の知恵を自分の力にする「リーダーのための言霊塾」を開催します。
「周りの方へ自信を持ってもらいたい」
「外国人と接するときに自信を持って自国を紹介したり、質問に答えられるようでありたい」
「自分の根っこを固めたい」
「リーダーとしてより揺るぎない存在感を持ちたい」
そんな思いのある方に、(実は、日本中の人に)聞いていただきたい内容です。
私は、自己肯定感を高めることを目的に、1999年から、学びと実践を続けてきました。
その中で、「多くの人と分かち合いたい!」と思うものをセミナーとしてこれまでも紹介してきました。
今回ご紹介する「リーダーのための言霊塾」は、そうした中でも、本当に、全ての日本中の人と分かち合いたい!と思う情報です。
とはいえ、どこかで習ったことを受け売りでお話しするのではないのです。
言霊、古事記、さらに古い古代文献、20歳から続けている短歌や、日本プロトコール&マナーズ協会にて学んだ「日本精神文化」、アメリカ生まれの言葉と体験が心に与える影響を学ぶNLP心理学、その他、独自に追求してきました学びを融合させた、変化の時代と言われる現代社会を、軸を持ち、振り回されずに自信を持って生きるための、本質的な内容になっています。
具体的にどのような言葉を部下やメンバーにかけると良いのか?の方法や、やまと言葉やオノマトペ活用の効果などについても、実践的に進めて行きます。
日時:9月25日日曜日13:30〜16:30〜
場所:国際文化会館
詳細は、こちらのサイトです。
http://www.kokuchpro.com/…/a82a378a33b3616a312d81b869bf2ea9/
全2、5日のうち、1日目のみのご参加も受け付けています。また、参加できない日がありましたら、次回以降の期で無料で振替受講が可能です。
毎回テーマを変えて行いますので、途中からの参加でも問題ありません。今回も、初日を休まれた方が振替参加されます。
初日のみの参加の場合は、参加しやすい価格にしています。ご興味ありましたら、個別に大江までお尋ねください。
響くものがありましたら、ぜひご参加いただき、この内容をぜひ身近な方やご家族にお伝えいただけましたらと思います。

14368849_10209944771793029_6343230747287792061_n.jpg
2016. 09. 23  
「論語」「古事記」「教育勅語」。戦後、日本人の強さを恐れて、手放すよう促されたものと言われていますね。
論語は昨年、青柳先生からビジネス論語を学びまして、目が開かれる思いをしました。こんなにすごいものを、江戸時代の人たちは寺子屋で子供の時から習っていたんだ!!と、当時の人々の精神性を伺い知るにつけ、感嘆したのです。
人としてどう生きるか?どう在るか?生きる哲学や徳育と呼ばれるものを、先人はもっとも大切にして継承してくれていました。
その教えが、戦後に継承されなくなってしまいました。
公では、そのようなことになったものの「論語」は今もたくさんの書籍として出ていますし、教えてくださる素晴らしい先生もいらっしゃいます。
そんな論語を伝えてくださる最高峰の先生方から講演と対談を聴ける機会が10月1日土曜日午後に開催されます。
私は、恐れ多くも司会を仰せつかっております。
出会うのが遅かった論語。でも、本当に大事なものにつながれる、背骨のような哲学。
お時間ありましたら(なくてもつくって)いらっしゃってください。

14440978_10209944483145813_4550539658713615928_n.jpg
2016. 09. 23  
9月は、全7巻のうち、第4巻『受け日』第2章まいのぼり を読みます。
古事記の一つのクライマックス、天照大神とスサノヲの対話の場面です。臨場感あり、そして天照大神の勘違いもあり、姉弟の関係性の緊張感も高まり、興味深くストーリーに惹きこまれます。
そして、一人で読むには深いこの本を、対話しながら読みこむことで、更に深い豊かな人生の学びになります。
処世術、人としての在り方、人生訓。。
そんな生きる背骨、哲学を持っていたいすべての方に。
毎回楽しく深めています。
致知出版社 『新釈古事記伝』サイト
http://www.chichi.co.jp/special/yamatonokokoro/
参加表明は、「新釈古事記伝 読書会」ページよりお願いいたします。
https://www.facebook.com/events/1678279012500227/

14448866_10209944415264116_7034919790148476629_n.jpg
プロフィール

コア・クリエーションズ 大江亞紀香

Author:コア・クリエーションズ 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ